【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

九州中央道、早期整備を

本紙掲載日:2016-03-03
1面
九州中央自動車道の早期整備を求める署名活動発会式(1日、熊本県山都町の馬見原公民館)=延岡市提供

沿線7団体女性会−10万人署名へ一丸

 宮崎、熊本両県の九州中央自動車道沿線市町村の「道づくりを考える女性の会」など7団体は、同自動車道の早期整備を求める署名活動を展開する。熊本県山都町で1日発会式を開き、一丸となって取り組むことを確認した。5月20日まで活動し、10万人署名を目標にしている。

 九州中央自動車は、九州東西間の産業・経済の振興や地域住民の生活向上が期待されるほか、救急医療や災害時の〃命の道〃として必要不可欠な道路と位置付けられているが、全国の高速道73路線の中で最も整備が遅れているという。

 それぞれの道づくりを考える女性の会などでは、これまでも道路整備の重要性などを訴え続けてきたが、沿線住民の思いを政府や国土交通省に嘆願し、一日も早い全線開通の実現を働き掛けようと、7団体が一体となって署名活動に取り組むことを決めた。

 発会式では、道づくりを考える延岡女性の会顧問の梶井恵子さんが「九州中央自動車道の一日も早い整備に向けて、沿線住民の気持ちを込めた10万人の署名活動を力を合わせて頑張ろう」とあいさつ。発起人代表に同会の志賀朋子会長を選んだ。

 熊本県の上益城郡商工会女性部の会の村上玲子会長が「九州中央自動車道は沿線住民にとって救急医療や災害時の命の道であり、重要な道。一日も早い全線開通を目指し、一丸となって頑張りましょう」と話したのに続き、全員で「頑張ろう」を三唱した。

 署名活動は、企業や団体に協力を依頼するほか、街頭や各地域のイベント会場などで実施。集まった署名は、国土交通省などに早期整備の要望とともに提出するという。

 参加7団体は、道づくりを考える延岡女性の会(志賀朋子会長)▽日之影町の道づくりを考える女性の会(坂本久美子会長)▽道づくりを考える高千穂女性の会(喜田鉞子会長)▽五ケ瀬町道づくりを考える女性の会(周防五月会長)▽道づくりを考える日向・門川女性の会(田原千春会長)▽熊本商工会議所女性会(石井美代子会長)▽上益城郡商工会女性部の会(村上玲子会長)。

その他の記事/過去の記事
page-top