【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

細島港の受賞を祝う−日向市、港湾関係者

本紙掲載日:2016-03-03
1面
310人が出席したポート・オブ・ザ・イヤー2015の受賞祝賀会

ポート・オブ・ザ・イヤー2015

 「ポート・オブ・ザ・イヤー2015」に選ばれた日向市細島港の受賞祝賀会が、2日にホテルベルフォート日向であった。来賓や港湾関係者など310人が出席し、さらなる港の発展を願った。

 ポート・オブ・ザ・イヤーは、公益社団法人日本港湾協会が平成15年に創設。全国994ある全ての港を対象に、物流や産業、観光、まちづくりなど、その年の港湾活動が最も優れた1港を選んでいる。細島港は県内16港で初めて受賞した。

 祝賀会では、発起人を代表して日向商工会議所の三輪純司会頭が、水深15メートルの大型岸壁の建設予定などに触れ「手にした大きな武器をしっかりと使い、リーディング港として確立していかなければならない」とあいさつ。

 来賓の日本港湾協会の矢下忠彦専務理事は「これからも港の元気をつくる先頭を地元の皆さんに走り続けていただきたい」、国土交通省港湾局宮崎祥一計画課長は「全国の港を見てきたが、市民に愛される、企業にかわいがられる港は底力や伸びしろがある」などと今後に期待した。

 日向市観光協会の田崎登保会長が祝舞を披露し、旭化成延岡支社の山添勝彦支社長の音頭で乾杯。アトラクションでは、毎年7月に細島商業港一帯で開かれる「細島みなと祭り」の実行委員会が、太鼓台をかつぎ会場を練り歩くなど祝賀会を盛り上げた。

その他の記事/過去の記事
page-top