【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

花見楽しめる憩いの場に−延岡

本紙掲載日:2016-03-02
2面
桜を植える一ケ岡花いっぱい運動ボランティアの皆さん

一ケ岡中央公園−ボランティアが桜を植樹

 延岡市の一ケ岡花いっぱい運動ボランティア(坂田順子代表、67人)は2月26日、一ケ岡中央公園西側広場の斜面に桜の植樹を行った。

 山を切り開き田畑を造成してきた南一ケ岡を花いっぱいにしようと、平成10年、坂田代表の呼び掛けで活動を開始。花の種取りや球根の管理をはじめ、一ケ岡小学校や中央公園など地域の美化活動に取り組んでいる。

 同グループは、中央公園西側広場を拠点にしており、「ここをみんなが花見を楽しめるような憩いの場にしよう」と桜を植えることに決めた。

 今月上旬には、「安全に植樹作業ができるように」と、メンバーの池上武美さん(76)を中心に植樹する山野斜面を整備。その際に伐採した雑木を使って津波避難路を兼ねた階段も設置した。

 当日は、約20人が参加。市の「協働・共汗公園づくり事業」を利用して樹高2・5メートルほどの陽光桜6本、添え木、土壌改良材などを提供してもらい作業に当たった。

 メンバーは、掘った穴に日当たりなどを考えながら苗を一本一本丁寧に植えていった。坂田代表は「桜がきれいに咲き誇るのが楽しみです」と話した。

 同市都市計画課街路公園係の児玉靖彰さんによると、中央公園内で流行している「てんぐ巣病」に強い陽光桜を選定。花が咲くのは来年以降で、開花時期はソメイヨシノより1週間ほど早いという。

その他の記事/過去の記事
page-top