【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ジビエ料理−普及には安定供給必要

本紙掲載日:2016-03-02
3面

知事、食サミットがヒントに

 野生鳥獣の食肉を使ったジビエ料理の普及には安定供給が課題となる中、河野知事は1日、2月28日に延岡市で開催された「ひむか食サミットinのべおか」でシカ肉を使った料理が一度に大量に提供された事例に触れ、「普及の一つのヒントになる」と評価した。県議会定例会一般質問で、後藤哲朗議員(自民、延岡市区)に答えた。

 同サミットは、中央で活躍する県内出身シェフ6人が1人1品ずつ作り、フルコースを提供するスペシャルディナー。約255食分が提供された。メーンディッシュ「延岡どれ鹿ロース肉のポワレ」には数十頭分のシカ肉が必要だったという。

 後藤議員は飲食店への売り込みが重要だとして、有名シェフが集まった同サミットの感想を質問。

 知事は大量のシカ肉を、捕獲の度にストックしてこの日に間に合わせたと紹介し、「必要としている質や量を安定的、定量的に供給するシステムが重要な課題。今後のジビエ料理の普及促進を図る上で一つのヒントになる。大きな可能性を秘めた食の資源で、工夫を凝らしながら普及していきたい」と述べた。

その他の記事/過去の記事
page-top