【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

遊具更新工事が完了−西階公園モデル遊園

本紙掲載日:2016-03-02
1面
テープカットで完成を祝う関係者

2日、テープカット−延岡市

 延岡市が整備していた西階公園モデル遊園(同市西階町)の遊具更新工事が終わり、2日同所でリニューアルオープンセレモニーが開かれた。関係者によるテープカットの後、近くの保育園の園児らが新しくなった遊具で元気いっぱいに遊び、歓声を響かせていた。

 同工事は、延岡市市公園施設長寿命化計画に基づいて、平成26、27年度の2カ年度で整備を計画。26年度は老朽化した遊具を撤去し、昨年3月に児童用複合遊具(6〜12歳対象)が完成。その後、幼児用複合遊具(3〜6歳対象)の整備を進めていた。

 幼児用複合施設は、延岡市の美しい海のイメージからクジラをデザイン。グリップを利用して壁を登るウオールクライムや網を登るネットクライム、波状の形をした滑り台ウエーブスライダー、連なった輪をくぐり抜けるリングトンネルなど数種類の遊具が複合している。

 今回完成した幼児用複合遊具の事業費は約1千万円。26年度に完成した児童用複合遊具の事業費は約2千万円で、遊具更新工事の総事業費は約3千万円。

 セレモニーは、わかたけ保育園(同市野地町)の園児らが見守る中、首藤正治市長ら関係者がテープカット。首藤市長が「子どもたちが外で友だちと遊ぶ環境づくりは大切。新しい遊具で安全に楽しく遊んでほしい」とあいさつ。式後、園児が一斉に遊具に駆け寄り、遊具を楽しんだ。

 遊園の遊具は、昭和52年3月の設置から三十数年が経過し、早急な改築・更新が必要との判断から遊具更新に着手。選定については、5業者の提案書を基に学校関係者や保護者らを交えた会議、地域の子どもたちのアンケートなどを反映する総合評価を行い、決定した。

 遊具に夢中のわかたけ保育園の女児は「楽しい。壁を登るところが特に面白かった。また休みの日に来たい」と笑顔。同園の柳田光江園長は、「園から近いので季節を問わず利用していますが、新しい遊具ができ、園児たちも『くじらの公園』と喜んでいます。また足を運びたいです」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top