【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

舞野町の菜の花見頃に−延岡

本紙掲載日:2016-03-01
3面
見頃を迎えた延岡市舞野町の菜の花

「咲き具合上々です」

 延岡市舞野町で菜の花が見頃を迎えている。舞野神社周辺の市道沿いの田畑に咲いており、その眺めは黄色いじゅうたんを一面に敷き詰めたよう。青空に映える春の和らぐ景色に、道行く人たちはしばし立ち止まり花々に見入っていた。

 農村の景観を守る取り組みをしている舞野地区農地水環境再生会(米田敏会長)が、地元の人や訪れる人に楽しんでもらおうと、8年前から田畑の所有者の協力を得て、米の収穫後に種をまいて育てている。広さ約12アール。

 菜の花は、国道218号から行縢山方面に車を少し走らせると、道の両側に見えてくる。菜の花と茎の黄と緑色のグラデーションの向こうに舞野神社の鳥居、奥に行縢山を望む景色は見ものだ。3月10日ごろまで見ることができるという。

 市内の女性は「きょうは天気もよくて本当にきれい。心が和みます」と笑顔。米田会長は「菜の花は舞野の春の風物詩。見た地域の人や通行する人が心を和ませてくれれば。咲き具合は上々なので、多くの人に見てほしい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top