【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

教育研究論文・実践的な取り組み13点が入賞

本紙掲載日:2016-02-29
7面
教育研究論文表彰式で表彰状を受け取る北方学園小の末廣教頭
善行児童生徒表彰を受けた受賞者・団体

善行児童生徒6人と1団体表彰−延岡

 延岡市の小・中学校教職員教育研究論文表彰式と善行児童生徒表彰式は2月26日、カルチャープラザのべおかハーモニーホールであった。

 教育研究論文は今回、実践的な取り組みに焦点を絞って実施。「管理職・主幹教諭の部」に4点、「一般教職員の部」に34点の計38点が寄せられ、市教委などが課題性、論理性、独創性など5項目で審査。各部で最優秀賞、優秀賞、優良賞を決めた。

 管理職・主幹教諭の部は全4点、一般教職員の部は9点が入賞。表彰式で管理職・主幹教諭の部最優秀賞の末廣恭雄教頭(北方学園小)が受賞者を代表し、「私たちは常に学び続けることが求められる。今回の受賞を機に、さらなる研さんに励みたい」と謝辞を述べた。

 受賞者の論文発表もあり、一般教職員の部で最優秀賞の瀧川美和教諭(東海小)と優秀賞の小山輝晃教諭(南方小)が成果を報告した。

 善行児童生徒表彰式では、全体表彰を受けた6個人と1団体に表彰状などが贈られた。受賞者を代表し南浦中学校3年の堀静香さんが「この3年間で学んだ努力することの大切さを忘れずに、人に優しく接し、将来は人を幸せにできるような仕事に就けるように努力していきたい」とあいさつした。

 表彰者は次の通り。

◇教育研究論文◇
【管理職・主幹教諭の部】
▽最優秀賞=末廣恭雄(北方学園小教頭)
▽優秀賞=時任真志(東海中校長)
▽優良賞=森永憲二(港小校長)榊原裕二(三川内小中教頭)

【一般教職員の部】
▽最優秀賞=瀧川美和(東海小教諭)
▽優秀賞=小山輝晃(南方小教諭)長友伸二(島野浦中教諭)片山弘喜(北浦中教諭)
▽優良賞=津村俊一(東海小教諭)富山光浩(南方小教諭)佐藤晃(北浦小教諭)中村大輔(東海中教諭)松ノ木陽平(南方中教諭)

◇善行児童生徒◇
【個人の部】
▽黒木梨帆(南小6年)=学級で「あいさつ会社」という係活動を企画・運営
▽岩永彩花(川島小6年)=校庭の草抜きや靴箱の掃除などを4年生の頃から実施
▽大谷勇輝(黒岩小6年)=家業を手伝うほか、校内外の清掃ボランティアに積極的に取り組む
▽小豆野葉子(恒富中3年)=自転車通学にもかかわらず、1年生の頃から毎朝ごみ拾い登校を続ける
▽瀧本和博(南方中3年)=自主的に校内外のさまざままボランティア活動を計画し、率先して実行
▽堀静香(南浦中3年)=父子家庭で家事を手伝い家族を支える。地域の行事やボランティア活動にも献身的に参加

【団体の部】
▽福富紗代、谷渕蘭奈、松田美穂、小村真矢(東海中2年)=夏の暑い日の下校中、自宅前で倒れていた高齢者を介抱。救急車の要請と誘導も行った。

その他の記事/過去の記事
page-top