【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大賞、優秀賞など表彰−延岡市

本紙掲載日:2016-02-29
1面
表彰式での記念撮影

若山牧水青春短歌大賞

 延岡市の第16回若山牧水青春短歌大賞の表彰式が27日、同市のホテルメリージュ延岡で行われた。全国各地から訪れた大賞、優秀賞、審査員特別賞(早稲田大学賞、九州保健福祉大学賞、延岡高校同窓会賞、若山牧水延岡顕彰会賞)の入賞者に賞状と記念品が贈られた。

 式には審査員の俳人坪内稔典さん、歌人永田和宏さんが出席(歌人永田紅さんは所用のため欠席)、入賞者の作品に1首ずつ感想を述べ講評した。

 今年の応募作品数は過去最高の2万7240首。第11回以来6年連続で2万首を超えた。講評の中で永田和宏さんは「短歌の公募賞はたくさん行われているが回を追って応募数が増えているのはこの賞だけ。それほどこの賞は全国的に知られている。その中で入賞するのは素晴らしいこと。歌を作ると新しい自分の可能性に気付くし、一つ一つの歌に思い出ができて心が豊かになる。ぜひ、どんどん歌を作ってほしい」と話した。

 今年は延岡市の小学生や高校生の入賞者が増えた。中でも優秀賞(12首)の小学生部門(3首)を延岡市内の児童が独占し、坪内稔典さんが〃延岡3人組〃とたたえた。

 そのうち延岡小学校1年の田口莞爾君に坪内さんが「牧水の歌を何か知っていますか」と質問すると、田口君は「ふるさとに帰りきたりてまず聞くはかの城山の時告ぐる鐘」と応じ、両審査員や会場の人たちから「素晴らしい」と称賛された。

 祝賀会では受賞者や保護者がステージに立って歌の背景や受賞の喜びを語り、和やかな雰囲気で祝った。

その他の記事/過去の記事
page-top