【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域も観光客もワクワク・・・

本紙掲載日:2016-02-26
3面
計画内容決定を市長に報告する新しい日向市観光推進計画策定委員会の松葉会長(一番左)ら

新観光推進計画を策定−日向市

 日向市は、平成28年度から5年間の「新しい日向市観光推進計画」を策定した。市の素案をたたき台に計画内容の審議を重ねた同計画策定委員会(松葉藤吉会長、委員19人)が24日、黒木健二市長に計画内容決定を報告した。

 同計画のメーンテーマは「地域も観光客もワクワクする物語」。基本方針には、.▲圈璽詢呂旅發さ鯏世鼎り多様なニーズに対応した食の魅力づくりスポーツタウン日向づくりだ鑪的な情報発信・PRの推進―を掲げた。

 これに沿った具体的な基本施策としては、日向岬と伊勢ケ浜門前まちづくり、美々津地区、中心市街地の観光拠点化の推進、特産品を活用した「日向版名物づくり」、日向市駅の駅弁開発、プロ野球やサッカーなどのキャンプ誘致、五輪のサーフィン競技、ワールドカップの合宿誘致、外国人観光客を含めた「日向市ファンづくり」のためのメニューを多角的に考案した。

 5年間をかけて取り組む「目指すべき観光まちづくりの姿」の指針としては「東九州自動車道開通による交流人口の拡大や観光クルーズ船誘致による外国人観光客の増加、阿蘇地域をはじめとする観光による広域連携を見据え、人的な交流と経済的利益を地域に還元する自立した観光地域の創出を図る」とのビジョンを打ち出した。

 同計画の中で示した「観光の現状」によると、同市の観光入り込み客数は、平成26年の統計で136万1千人。基準年とする平成17年に比べて91%増となっている。計画では同入り込み客数を年間142万7千人、宿泊客数年間13万5千人、観光消費額10%アップなどの目標指数を掲げた。

 同計画策定委員会はホテル・旅館業や飲食業組合、交通事業者、観光まちづくり団体、商工会議所、観光協会と市で構成。昨年7月に発足以来、計6回の意見交換などを重ねて計画内容を決定した。今後は同委員メンバーで観光推進プロジェクトチームを結成し、計画推進に取り組む。

その他の記事/過去の記事
page-top