【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

最優秀賞に菊地教諭(細島小)

本紙掲載日:2016-02-24
7面
北村秀秋教育長から表彰状を受け取る菊地千賀教諭

日向市教育論文表彰式

 日向市の小中学校に勤務する教職員から募った教育論文の表彰式は19日、同市大王谷コミュニティーセンターであり、最優秀賞の菊地千賀教諭(細島小)ら教職員14人と2校に表彰状が贈られた。

 指導方法の改善充実や教育水準の維持向上を図ろうと、同市は毎年、小中学校に勤める教職員から教育論文を募集。今年は49人から47点の応募があり、論旨、継続性、創造性−−などの観点から審査した。

 北村秀秋教育長は「教育論文を書くことは実践の検証につながり、人に読んでもらうことで自分も成長できる。今後の新たな出発点にしてほしい」とあいさつ。

 審査委員長を務めた財光寺南小の後藤久昭校長は「教育論文は読む人がやってみたい、やってみようと思うものであってほしい。多くの人に理解してもらい、自信につなげてください」と講評した。

 受賞者を代表し、優秀賞の花車秀樹指導教諭(日知屋東小)は「この成果を日向市全体へ少しでも広めていきたい」と謝辞。最優秀賞の菊地教諭は、地震津波に対する防災教育の実践を通してまとめた教育論文「自ら考え、判断し、行動できる児童の育成」を発表した。

 また、教職員14人でつくる市教育研究所の発表会もあり、一年間の成果として、同市で取り組んでいるキャリア教育と英会話科について、より実践的に研究した学習指導の在り方を示した。

 受賞した教職員・学校は次の通り。

【最優秀賞】
菊地千賀(細島小教諭)

【優秀賞】
花車秀樹(日知屋東小指導教諭)江藤貴哉(大王谷学園初等部教諭)

【優良賞】
森陽介(財光寺小教諭)平岡正臣(細島小教諭)蓑毛隆洋(塩見小教諭)白川友理(財光寺南小教諭)横山利恵子(富島中教諭)安達里美(大王谷学園中等部養護教諭)

【特別賞】
日盻唹賚此米向中校長)富永幸二(財光寺小教頭)横尾英明(美々津小教頭)

【奨励賞】
深水彩加(財光寺小教諭)椎葉良慈(大王谷学園中等部講師)

【学校賞】
日向中、大王谷学園

その他の記事/過去の記事
page-top