【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

伊藤消防士が県大会へ

本紙掲載日:2016-02-20
3面
意見発表する最優秀賞の伊藤大智消防士(延岡市消防本部視聴覚室)

延岡市消防職員意見発表会

 平成28年延岡市消防職員意見発表会が18日、市消防本部(青井雄二消防長)であり、入署5年目の消防士5人が、業務や災害活動現場などで経験したことや感じたことを発表した。

 1人5分間で発表し、市教育委員会の笠江孝一教育長や荒武卓延岡警察署長ら4人が、充実度や先見性、発表力などを基準に審査。その結果、「あたらしい時代に備える」をテーマに話した伊藤大智消防士(消防第2課)が最優秀賞に選ばれた。

 伊藤さんは、日本を訪れる外国人が年々増えており、4年後の東京五輪・パラリンピックに向けて、さらに増加が見込まれると説明。そうした中、滞在中の急病や事故で救急・救助出動の要請があった場合、「言葉の壁」が大きな障害になると指摘した。

 また、火災警報機やAED(自動体外式除細動器)など、切迫した状況下で使用する機器には日本語以外の音声案内が付いていない場合が多く、ソフト面、ハード面ともに改善策が求められると訴えた。

 そこで、会話については、痛みのある部位や痛みの程度を図などで表記した手帳を作成するよう提案。機器については見直しや切り替えを検討する必要があると語った。

 地図記号がより分かりやすく変更される例などを挙げ、「日本が安心・安全な国というイメージは都市部、地方に関係なく向けられている。消防が一律の仕組みを作成し、グローバルなサービスを構築するべきだと思う」と力を込めた。

 伊藤さんのほか、「予防救急を広めよう」をテーマに発表した狩野孝行消防士(消防第1課)が優秀賞、「勇気ある行動に対して」を発表した黒田慎也消防士(同)が奨励賞を受賞。伊藤さんは4月に串間市で開かれる県消防職員意見発表会に出場する。

その他の記事/過去の記事
page-top