【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

バス路線「客貨混載」で維持

本紙掲載日:2016-02-17
1面

トラック運転手確保も

◆県交通・物流ネットワーク戦略改定

 県は16日、県交通・物流ネットワーク戦略を改定した。実施期間は平成28〜31年度までで、「客貨混載」によるバス路線の維持や、物流を支えるトラック運転手の確保などを盛り込んだ。河野知事を本部長に、副知事と関係各部長らでつくる県交通・物流対策推進本部会議で決定した。

 県総合計画「アクションプラン」(27〜30年度)の、昨年7月策定を受けての見直し。同9月にまとめた「県まち・ひと・しごと創生総合戦略」の内容を踏まえ、今春の東九州自動車道「宮崎市−北九州市間」の全線開通などにも対応した。

 地域公共交通の活性化では、路線バスで宅配便貨物も輸送する「客貨混載」事業の拡大。西都市と西米良村での取り組みを他地域にも普及させ、路線バスの収益力向上につなげる。

 広域・国際交通の活性化では、LCC路線の関西便の増便や新規開拓を目指す。中国、四国など地方路線再開にも努める。クルーズ船誘致では港湾機能を充実させ、東アジアへのプロモーション活動も積極展開する。

 安全に安心して移動できる交通網の構築では、道路や鉄道などの関係機関の連携の強化。大規模災害時の住民の移動手段確保に向け、想定される対応などについて日頃から共通認識を図る。

 物流を支える人材確保では、県トラック協会加盟400社余りのうち約8割が不足感を抱いているトラック運転手の発掘に尽力。特に退職自衛官をターゲットに、積極的にアプローチする。

 物流の効率化では、トラック輸送から大量輸送が可能な海上・鉄道輸送に転換する「モーダルシフト」を推進。コストやCO2排出量を削減し、さらにはトラック運転手の労務基準順守やドライバー不足にも貢献する。

その他の記事/過去の記事
page-top