【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

100キロ超県王者、角界入り

本紙掲載日:2016-02-15
3面
角界入りする熊添さん(右)と佐渡ケ嶽親方=15日、延岡学園高

延学柔道・熊添さん佐渡ケ嶽部屋へ

 延岡学園高柔道部3年の熊添銀次郎さん(18)が今春、大相撲佐渡ケ嶽部屋に入門する。佐渡ケ嶽満宗親方(元関脇琴ノ若)が15日、延岡市大峡町の同校を訪れた。部屋のある千葉県へ旅立つ熊添さんは「学んだ強い気持ちを生かし、恩返しをしたい」と誓った。

 熊添さんは小林市出身で現在174センチ、136キロ。細野中1年の時に柔道を始め、延岡学園高では団体戦の主力として活躍。個人100キロ超級の県王者としても全国の舞台を踏んだ。

 佐渡ケ嶽部屋とは中学時代から縁があったが、高校は柔道の道を選び延岡学園へ。高校2年の時、同部屋の延岡市出身、琴恵光が新十両に昇進したのを見て、「プロの世界に挑戦したい」と再び相撲の道を考え始めたという。

 熊添さんは「きつい世界だと思うが、延岡学園で学んだ自分に負けない強い気持ちで、しっかりと体の基礎づくりに精進し、角界で活躍して恩返しできれば」。

 柔道部の佐藤嘉剛監督は「これまでとは違う世界だが、今までやってきたことを出して」。佐藤則夫校長は「培った延学魂で頑張ってほしい」と激励の言葉を送った。

 佐渡ケ嶽部屋は、今年の1月場所で優勝した大関琴奨菊関が所属。今年は6人の新弟子が入門する。

 親方は「佐藤監督の下、鍛え上げた体が魅力。これだけの基礎があれば、三段目までの昇進は早いと思うが、そこからはくせ者ぞろい。しっかり指導して、一場所でも早く関取に」と話した。

 制服から親方が持参した着物に着替えた熊添さん。15日、部屋のある千葉県松戸市へ旅立ち、学校の卒業式も欠席を予定し、一日も早く関取を目指す。

その他の記事/過去の記事
page-top