【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3月5日、日本ペンクラブの集い

本紙掲載日:2016-02-13
1面

作家ら8人がトーク−2月19日締め切り

 日本ペンクラブ(浅田次郎会長)主催の第32回「平和の日」延岡の集いが3月5日午後1時から延岡市の延岡総合文化センター大ホールで開かれる。テーマは「平和の日に想う」。オープニング式典に続いて浅田次郎さん、澤地久枝さんら作家、エッセイスト、文学者、映画監督など8人が2人一組で、〈こども〉〈いのち〉〈神話〉〈自由〉のテーマでリレートークを行う。

■申し込み先

 入場無料だが、事前申し込み制で定員1300人。入場希望者は今月19日までに、 嵎刃造瞭」観覧希望⊇蚕雖氏名て厩埃埒与堯碧椰佑魎泙瓩藤歓佑泙如豊ヅ渡暖峭罎魑入してはがき、ファクス、メールで申し込むこと。先着順で定員になり次第締め切る。入場整理券または落選通知がはがきで届く。
申込先は▽〒延岡市天神小路255の1内藤記念館内「平和の日」延岡の集い実行委員会事務局▽ファクス電話0982・34・6438▽メールbunka@city.nobeoka.miyazaki.jp

 問い合わせは同市教育委員会文化課(電話延岡22・7047)。


■リレートーク

【テーマ〈子ども〉】
澤地久枝さん(作家)
加賀乙彦さん(作家)

【テーマ〈いのち〉】
新井満さん(作家)
吉岡忍さん(作家)

【テーマ〈神話〉】
花田景子さん(エッセイスト)
中西進さん(文学者)

【テーマ〈自由〉】
浅田次郎さん(作家)
山本晋也さん(映画監督)

◇澤地久枝さん
昭和5年東京生まれ。同10年中国東北部に渡り、同21年引き揚げ。同24年中央公論社経理部へ入社。同29年婦人公論編集部。同38年退社。同47年「妻たちの二・二六事件」、日本ノンフィクション賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞。九条の会呼びかけ人。

◇加賀乙彦さん
昭和4年東京生まれ。同48年「帰らざる夏」で谷崎潤一郎賞、同54年「宣告」で日本文学大賞、同61年「湿原」で大佛次郎賞、平成10年「永遠の都」、同24年「雲の都」で毎日出版文化賞企画特別賞を受賞。近著に「不幸な国の幸福論」などがある。

◇新井満さん
昭和21年新潟県生まれ。作家、作詞作曲家、写真家、環境ビデオプロデューサー、長野冬季オリンピックイメージ監督など多方面で活躍。作家としては「尋ね人の時間」で芥川賞受賞。英語詩を翻訳した写真詩集「千の風になって」が話題を呼んだ。

◇吉岡忍さん
昭和23年長野県生まれ。作家。教育、事故・事件・災害の現場を歩き取材・執筆を行っている。同62年「墜落の夏―日航123便事故全記録」で講談社ノンフィクション賞、平成11年日本ジャーナリストクラブ大賞受賞。日本ペンクラブ専務理事。

◇花田景子さん
宮崎市生まれ。エッセイスト。昭和63年〜平成6年フジテレビアナウンサー。同7年第65代横綱貴乃花(貴乃花親方)と結婚。同16年「貴乃花部屋」創設。部屋の女将、3児の母。著書に「日本人の心おもてなし」「ピンチも料理で救われます」ほか。

◇中西進さん
大阪女子大学学長、京都市立芸術大学学長などを歴任。日本比較文学会会長、東アジア比較文化国際会議会長、全国大学国語国文学会会長。日本学士院賞、大佛次郎賞、文化勲章など受賞(章)。著書「中西進著作集」など多数。日本ペンクラブ理事。

◇浅田次郎さん
昭和26年東京生まれ。「鉄道員(ぽっぽや)」で直木賞、「壬生義士伝」で柴田錬三郎賞、「お腹召しませ」で中央公論文芸賞・司馬遼太郎賞、「中原の虹」で吉川英治文学賞、「終わらざる夏」で毎日出版文化賞。日本ペンクラブ会長。

◇山本晋也さん
昭和14年東京生まれ。日本教育テレビに入社。後に羽仁進監督に弟子入りし、岩波映画に移籍、監督業へ転向。日本映画界の生き字引的存在としてTV、雑誌等でも活躍。また東日本大震災以降、映画を介したボランティア活動も積極的に行う。

その他の記事/過去の記事
page-top