【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エンジン01実行委を解散−延岡

本紙掲載日:2016-02-13
3面
事業報告や収支決算を承認したエンジン01文化戦略会議オープンカレッジinのべおか実行委員会の第2回総会

 エンジン01(ゼロワン)文化戦略会議オープンカレッジinのべおか実行委員会の第2回総会が12日、延岡市役所で開かれた。首藤正治市長や吉玉典生実行委員長、委員らが出席し、イベントの事業報告案や収支決算案を承認。総会の閉会をもって実行委員会を解散した。

 「たべるのべるのべおか」をスローガンに延岡の食をテーマに開かれた〃知の祭典〃は昨年11月21日から23日まで、九州保健福祉大学などで開催。第一線で活躍する約120人の文化人らが来延し、一般講座や中高生対象のハローワークなど100近い多彩な講座を開講、市内外から延べ1万7000人が受講した。

 議事では、これらイベントの趣旨や講座数、参加人数などの概要、講座のチケット販売実績(1万4077枚)や夜楽のチケット販売実績(541枚)などの事業報告案を全会一致で承認。また、補助金などの収入約8085万円から各種経費を差し引いた余剰金約640万円を、市に寄付する収支決算案も認めた。

 余剰金については、最終的に5900万円(市3400万円、県1500万円、協賛金1000万円)で計上した予算がイベント費用の増加などで不足、さらなる協賛企業の支援を依頼し多額の協賛を受けた経緯を説明。市が基金を造成した上で、今後のエンジン02開催などに活用していく方針を確認した。

 冒頭あいさつで、首藤市長は「大会を成功させた誇りや達成感を市民で共有できたことは大きな成果。食に焦点を当てた大会の余韻をしっかり次につなげたい」。吉玉委員長は「成果をどう生かすかが大切。今後、延岡の食文化を一つの柱にできるきっかけになることを願いたい」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top