【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

1本の木から多彩な花々−咲き分けのヤブツバキ

本紙掲載日:2016-02-12
7面
手水舎横にある高さ約10メートルのヤブツバキ
白地に紅の縦絞り
落花してもなお美しい

亀井神社「県内では他にない立派なもの」−延岡

 延岡市の亀井神社(伊藤俊郁宮司)にあるヤブツバキが見頃を迎えた。1本の木から紅、白、絞りなどの花を咲かせる「咲き分け」が訪れる人の目を楽しませている。

 咲き分けのヤブツバキは幹回り約1・2メートル、高さ約10メートル、社殿西側の手水舎横にある。「城山ヤブツバキを楽しむ会」代表世話人の江藤奈保さんは、このツバキが大きく枝を張り、驚くほど多くの花を咲かせていたころを知っている。しかし、ここ数年は勢いがなくなっていると感じていた。

 江藤さんは2年前、宮崎市の樹木医・森本辰雄さんに現地調査を依頼、木の状態を観察し診断書を作成した。その際、森本さんから「咲き分けのヤブツバキの名木。県内では他にない立派なもの」と高く評価された。

 森本さんのアドバイスに従い専門業者に枝を剪定(せんてい)してもらうなど手入れを行った結果、次第に樹勢を取り戻しつつある。

 7日に同神社を訪れた江藤さんは「濃紅色、淡紅色、白地に紅の縦絞り、白色と多彩に咲き分けており、形も品の良いツバキです。手入れの成果でたくさんの花が咲いています。ぜひ多くの人に見ていただきたい」と話している。

◆天神梅まつり−28日午前11時から

 亀井神社は〃学問の神様〃菅原道真公を祭っている。28日午前11時からは、「天神様」といわれ梅を好んだ道真公に地域と家内の安全、合格などを祈念する「天神梅まつり」を開く。

 神事後、しし鍋の振る舞いがある。参加を呼び掛けている。


紅、白、絞りとさまざま
その他の記事/過去の記事
page-top