【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

減塩の意識新た−めざせ健康長寿!inのべおか

本紙掲載日:2016-02-11
2面
健康について考えた「めざせ健康長寿!inのべおか」
表彰を受ける原口さん
講演する山下医師

山下医師が特別講演「血圧測定と尿検査を」

 「めざせ健康長寿!inのべおか」が6日、延岡市の延岡総合文化センター大ホールで市民や関係者約700人が参加して開かれた。健康への取り組みの事例発表や減塩に関する特別講演、イベントの表彰式などを通じて、健康について考えた。市、市健康長寿推進市民会議主催。

 市と同市民会議は、「健康長寿のまちづくり」市民運動として、市民が積極的に健康づくりに取り組めるための各種事業を展開。今年度は高血圧予防の活動の一環として、毎月6日を「のべおか減塩の日」とし、一日塩分摂取量6グラム未満を推奨している。

 初めに表彰式があり、「減塩に関する川柳」で最優秀賞に選ばれた原口裕美さん(九州保健福祉大学4年)と清島悠杜さん(東海中学校1年)、「13万人のチャレンジ!ゲット健康長寿ポイント」でゲット賞を受賞した瀧本真佐子さん(大貫町)と久保田吉輝さん(桜ケ丘)らが表彰された。

 続いて、長浜町区の甲斐善一区長が「みんなで育てよう元気の絆」をテーマに地域の健康づくり活動に触れ、「焦らず慌てず健康長寿活動に取り組みたい」。宮崎医療生活協同組合県北支部運営委員の茄子田和哉さんが、25年にわたる塩分摂取改善の取り組みを紹介し、「運動を市民の中に広げていきたい」と抱負を述べた。

 最後に、宮崎大学医学部付属病院第一内科の山下靖宏医師が、「全てはここから始まった〜食塩中毒から適塩へ、塩と腎臓の深イイ話〜」と題して特別講演。

 山下医師は延岡市出身。自治医科大卒業後は、県立延岡病院など県内医療機関で勤務経験がある。専門は腎臓内科。

 症状がなくサイレントキラー(沈黙の殺人者)と呼ばれる高血圧症と、高血圧症が引き起こす合併症(脳卒中、心臓疾患)の怖さを話した上で、減塩や運動、減量、節酒、禁煙など高血圧予防について説明。健康寿命と平均寿命にも触れ、生涯現役に果たす検診の役割の大きさを話した。

 また、腎臓の重要な役割と腎臓病に伴う脳梗塞などの合併症発症のリスクの高まりなどについて説明した後、予防と早期発見のための尿検査の重要性を指摘するとともに、検査結果の数値の見方などを指摘。「毎日の血圧測定と時々の尿検査、適塩で健康生活を送り、生涯現役で過ごしてほしい」と訴えた。

 主催者を代表して首藤正治市長が「健康長寿の市民運動は延岡の地域文化の一つ。このイベントが市民運動をさらに進め、高めていくステップの一つになれば幸い」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top