【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北浦小児童が魚の干物作り

本紙掲載日:2016-02-09
9面
開いた魚に塩を振る北浦小児童

魚さばきに苦労しながら−延岡

 延岡市北浦小学校(竹原哲郎校長)の5年生26人は8日、魚の干物作り体験をした。地域婦人連絡協議会北浦支部(中村治代支部長)のメンバーら7人が講師として訪れ、児童に優しく指導しながら一緒に調理を楽しんだ。

 同協議会は、子どもたちに地元の産業への理解を深め、会員との親睦を図ってもらおうと毎年訪問指導を行っている。魚などの材料費も同協議会が負担している。

 この日は、アジとカマス約300匹を用意し、中村支部長がお手本を示しながら魚のおろし方を説明。その後、班ごとに会員が付いて早速チャレンジした。

 初めて魚をさばく児童も多かったが、「包丁は背骨に沿って引いていく」「斜めに刃を入れる」などのアドバイスを受けると徐々に上達していった。

 一人5、6匹開いた後、おけに魚を並べて立て塩の作業。「辛くなったらどうしよう」などと心配しながらも楽しそうに作業をしていた。

 宇戸田琉唯君は「初めてで骨に沿って切るのが難しかったけど、最後はうまくできた」。阪本千怜さんは「いろいろ教えてもらって楽しかったし勉強になった。家でも手伝いたい」と話した。

 魚は2時間ほど置いた後、水洗いをして一日天日干しした後、翌日、各家庭にお土産として持ち帰った。

その他の記事/過去の記事
page-top