【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新たな省エネ基準を学ぶ

本紙掲載日:2016-02-09
4面
授業形式で新たな家づくりを学んだ「住まいの学校」

市内業者が「住まいの学校」−延岡

 最新の住宅事情を授業形式で紹介する「住まいの学校」が7日、延岡市旭町のリクシル延岡営業所であり、自宅の新築などを考えている家族らが参加した。

 市内5工務店(リフォームセンターUEDA、繁春ホーム、江口工務店、岩切建設、東九州トーヨー住器)でつくる宮崎スーパーウォール会が合同で企画。来たるべきゼロエネルギー時代に向けた家づくりの知識を分かりやすく講義した。

 東日本大震災による原発休止以降、社会全体で電力などの省エネを求める傾向が加速し、日本は国際社会で地球温暖化防止策もけん引。その中で政府は昨年10月に省エネの新基準を施行、4年後の平成32年までにすべての新築住宅に義務付けることとした。

 新基準では外壁材の断熱性能だけでなく、冷暖房、換気、照明、給湯といった設備機器や、太陽光パネルの有無など、総合的なエネルギー消費量が地域ごとに制限されるという。

 この日の教室ではそうした将来を前提に、国語は「家づくりに関する言葉」、算数は「ライフサイクルコスト」、理科は「室温と感じる温度の違い」「家の性能」、社会は「省エネ住宅で快適な家づくり」、保健は「断熱と健康」―をテーマに授業した。

 講師陣は、冬場の保温性と夏場の熱遮断性に優れた家づくりが快適さや健康面にも寄与することを解説。省エネの設備機器や太陽光パネルといった再生可能エネルギー発電機器を組み合わせれば、光熱費や環境負荷を大幅に抑えられることなども紹介した。

 教室には小さい子どもを連れた夫婦が多く参加したが、趣向を凝らした授業の演出で、楽しみながら知識を深めていた。

その他の記事/過去の記事
page-top