【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

緩衝地域を4倍に拡大−祖母傾エコパーク

本紙掲載日:2016-02-09
1面
申請書案を了承した宮崎県側の推進協議会総会(8日、高千穂町役場)

“飛び地”で行縢山も

◆宮崎県側の推進協−申請書案を承認

 宮崎、大分両県にまたがる祖母傾山系周辺地域の「ユネスコエコパーク」登録を目指す宮崎県側の推進協議会(会長・岩本俊孝宮崎大名誉教授)は8日、高千穂町で総会を開き、申請書案を承認した。22日に佐伯市で開く両県推進協に諮り、今月中に日本ユネスコ国内委員会(事務局・文部科学省)に提出する。

 両県推進協は、昨年8月に申請書概要を委員会へ提出。11月に了承を得られたが、対象地域を核心、緩衝、移行の三つの地域に区分するゾーニングについて、審査した分科会から緩衝地域が狭いなどの指摘があったという。

 このため、申請書案では、緩衝地域を現行の約4倍にあたる1万7839ヘクタールに拡大。その分だけ移行地域の面積を減らして23万2840ヘクタールとした。祖母、傾、大崩山頂付近を中心とする核心地域(1580ヘクタール)は現行通り。

 拡大した緩衝地域には、天然スギがある延岡市北方町の鬼の目山の「林木遺伝資源保存林」のほか、移行地域内にある行縢山周辺を〃飛び地〃として加え、核心、緩衝地域内の幅広い植生変化を網羅しながら全体のバランスを整えた。

 同じく分科会から指摘のあった登録後の推進体制については、両県統一の組織をつくり、管理運営計画を策定して各構成団体の役割分担を明確化。学識経験者や調査研究団体の代表者で構成する学術委員会(仮称)を設置するなどの対応案を示した。

 祖母傾ユネスコエコパークの対象地域は、宮崎県側の延岡市、高千穂、日之影町、大分県側の佐伯、豊後大野、竹田市にまたがる広さ約25万2259ヘクタール。テーマは「尖峰(せんぽう)と渓谷が育む森と水、いのちの営みを次世代へ〜自然への畏敬をこめて〜」。

 核心地域は、現行法や制度で自然を厳格に保護し、緩衝地域は核心地域を守りながら環境教育やエコツーリズムなどに利用。移行地域は社会、経済活動などを行い、全体を通して自然と人間社会の共生を目指す。

 申請書案は、5月に国内委員会の分科会で内容を確認後、和文と英文の申請書を委員会に提出。9月ごろの最終審査を経て国内委からユネスコに推薦される予定。登録は早ければ来年夏ごろと見込まれている。

 岩本会長は「ゾーニングを見直し、バランスのとれた地域設定となった。今後、国との厳しいやり取りが予想されるが、大分県と共同しながら乗り越えたい」と話していた。


その他の記事/過去の記事
page-top