【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

仲西さん、8段に合格−少林寺拳法

本紙掲載日:2016-02-06
9面
県内で初の少林寺拳法8段に合格した仲西哲男さん

拳歴50年県内初の栄誉

 延岡市西階町の仲西哲男さん(68)がこのほど、県内では初めて少林寺拳法8段に合格し、総本部(香川県多度津町)から允可状(いんかじょう)を授与された。仲西さんは「拳歴50年の節目に(8段位を)頂けたことを光栄に思っています。集大成とまではいきませんが、ひとつの区切りになりました」と喜びを語った。

 仲西さんは専修大1年のときに少林寺拳法を始め、在学中に3段を取得。延岡に帰郷した昭和46年には、春日町の南公民館で少林寺拳法延岡道院を設立、数多くの門下生を送り出している。

 現在、修行年数50年を数える、県内少林寺拳法の草分け的存在。平成7年に7段を取得したが、8段の受験資格を得るには、最低でもさらに20年の修行が必要で、昨年12月に修行年数と少林寺拳法普及のための活躍が認められ、総本部から試験の案内が届いた。

 今回受験資格が認められたのは全国でもわずか3人で、試験は同月、総本部で実技と口述試験で行われた。仲西さんら3人の受験者は、組み合わせを変えながら単独演武と相対演武の実技試験、口述試験に臨んだという。

 門下生を相手に基本稽古や演武をこなし、試験に備えたかいあって「20年ぶりの試験にしては、思った以上に体が動いた。合否は別として良い演武ができた。口述試験もこれまでの活動やこれからの目標を自分の言葉で話すことができた」と振り返る。

 「やり切った」という手応えの通り、後で届いた結果は合格。今年1月10日に総本部で認証式があり、8段位の允可状を受け取った。

◆「立ち止まる訳にはいかない」

 「少林寺拳法はあくまで人間形成の手段であって目的ではありません。今後は少林寺拳法を高齢者の健康増進に役立てることや、中学校での武道教育に取り入れてもらえるように、積極的に働きかけていきたい。これに満足して立ち止まる訳にはいきませんから」。自らを引き締め、ますます意欲を燃やしている。

 延岡道院は毎週火曜と金曜日に春日町の南公民館で活動しているほか、スポーツ少年団として毎週水曜日と金曜日、南方小学校体育館で少林寺拳法を教えている。

その他の記事/過去の記事
page-top