【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

実行委、木製テーブル40台作る−延岡花物語

本紙掲載日:2016-02-06
2面
寒風の中でテーブル製作に取り組むボランティア
天板と脚を組み合わせた完成形。40台が五ケ瀬川の河川敷に並ぶ

27、28日に使用−会場をより魅力的に

 「延岡花物語の会場をより魅力的に」と実行委員会はこのほど、延岡市大貫町の「かわまち交流館」で木製テーブル40台を作った。今月27、28日に同市古川町の五ケ瀬川河川敷で開く「延岡花物語このはなウォーク」の飲食コーナーに並ぶ予定だ。

 横長の大型テーブルで縦89センチ、横290センチ、高さ70センチ。スギの原木を購入することから始めて、製材してもらったものを実行委が準備。プロの大工を含む90人のボランティアが参加して作った。

 「丸のこ」と呼ばれる機械を使って、プロが手際よく寸法通りにカット。一般のボランティアは、プロに指導を受けながら電動ドライバーなどを使って組み立てた。天板と脚を分けて作り、防水・防腐用の塗料を塗った。

 この冬一番の寒気に見舞われたにもかかわらず、予想以上に多くのボランティアの参加があったことから、PRの旗を立てる作業も同時進行で行った。

 「延岡花物語」は1日に始まり、3月31日まで。期間中に三つのイベントがある。「慧日梅(えにちばい)観梅会」は10、11日に松山町の本東寺で。「このはなウォーク」は27、28日に古川町の五ケ瀬川河川敷で。「ワイワイグルメ博」は3月27日に城山で。

 「このはなウォーク」の会場には「東九州うまいもの市」と題して55店舗が出店するほか、宮崎牛、天下鶏、海産物をその場で焼いて食べるコーナーもできる。木製テーブルはこの会場で活躍する。また、慧日梅観梅会の会場でも5台から10台を先に使う予定。

その他の記事/過去の記事
page-top