【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「蒼天のむこうへ」神社で公開稽古

本紙掲載日:2016-02-03
7面
県内各地から出演者が集まり公開稽古(1月30日、亀井神社社務所)
公開稽古後に出演者たちが自己紹介。舞台に臨む意気込みを話した
山元真帆さん(小林中3年)に演技指導をする演出の谷口ろくぞうさん

戦争を知らない世代が語り継ぐ

◇本番に向け演技に打ち込む若者たち−20、21日に延岡公演

 戦争を知らない世代が太平洋戦争末期の父と子の別れを演じ、今も昔も変わらない親子の絆を描く演劇「蒼天(そうてん)のむこうへ」は20、21日、延岡総合文化センターで上演される。その本番に向けた公開稽古が1月30日、延岡市天神小路の亀井神社社務所で行われた。出演者のうち15人が県内各地から集まり、地元の人たちに稽古を見てもらい、それぞれが舞台に懸ける意気込みを語った。

◇地元に見守られて

 作品のモデルとなっているのは、昭和20年5月11日に鹿児島県知覧基地から出撃した延岡市出身の特攻隊隊長・黒木國雄さんと、見送った父肇さん。肇さんが残した手記に基づき創作した。

 出演者は、県内で活躍する俳優と、俳優・声優養成スクールのサラみやざき(サラエンタテインメント宮崎校・延岡校・都城校)で学ぶ中学生・高校生や20代、30代の計23人。

 サラみやざきの生徒の多くは今回が初舞台。緊張しつつも台本を繰り返し読み、戦争の時代を生きた人々の暮らしや気持ちを想像しながら熱心に稽古を続けている。

 この日の公開稽古は、黒木さん親子のふるさとでのお披露目と、出演者と地元の人が触れ合う場をつくろうと、サラみやざきと亀井神社奉仕会が共催。近所の人も駆け付け、若者たちが演技に打ち込む姿を温かく見守っていた。

◇父の心の内側は

 この舞台で最も出番が長いのは、若手新聞記者「柳」役の安田真司さんだ。これから親になる彼は、70年前に特攻という〃必死〃の作戦で死にゆく息子を励まし見送った父「清」の手記を読み、心の内に思いを巡らす。

 舞台終盤、さまざまな縁(えにし)の重なり合いで息子の出撃を見送った父親の気持ちを推し量ろうとする。彼は先輩記者にこう語る。

 「手記を読む限り、お父さんは幸せだったんだと思いますよ」「最後に会えて良かったと思います」

 そして先輩から、戦後の父親の苦悩がつづられた資料が渡される。ラストシーンにつながる重要な場面。演出の谷口ろくぞうさんは、安田さんが「柳」のせりふにどのような気持ちを込めるのか、その瞬間の表情は、顔の向きは、など細かいやり取りをしながら作り上げていた。

◇國雄さん最後の文

 演出の谷口さんは、劇団「超時空劇団☆異次元中毒」代表であり、役者、演出家、脚本家、高校演劇の指導者、ラジオパーソナリティーなど多方面で活躍している。

 公開稽古で谷口さんは、自身が「やぐちむつみ」のペンネームで台本を書いたことを明らかにし、「この作品は戦争を題材にしたもので、私たちが語り継いでいかなければならないという思いで台本を書きました。しかし本当の狙いは、いつの時代も変わらない親子の姿を描くこと」と話した。

 台本に取り組むに当たり、戦時下でもあった人々の笑いや恋など、どんな時代でも変わらない人々の営みや感覚を取り入れようと思った。その上で、当時の遺書や家族からの手紙は、ほぼ全文を原文のまま劇中で朗読する。

 谷口さんは「最後に、特攻隊長の國雄さんが出撃直前に書いた家族宛ての文章が読まれます。全体を見て、國雄さんの言葉を聴いてください。そして皆さんに何を感じてもらえるかを考えながら演出しています」と話した。

◇6年前の出会い

 特攻隊長の父「清」役の池田知聡さんは、プロの俳優・声優として活躍し、今回の公演をするサラみやざき校長を務めている。

 役のモデルとなった黒木肇さんとの〃出会い〃は、6年前に開かれた延岡市平和祈念展。肇さんが息子國雄さんを見送った直後に記した手記の一部を朗読し、感銘を与えた。

 「以前から、ぜひ演劇にさせていただきたいと考えており、今回、谷口さんに台本を書いていただきました。國雄さんの弟さんである民雄さんのお力添えもあり、その実現にこぎつけました。多くの方々のお力のおかげで私たちは舞台に立たせていただけます。多くの方に見ていただきたい。劇場でお待ちしております」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top