【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「ジャストル」を開発、販売

本紙掲載日:2016-02-03
2面
5分間経過すると1分間噴霧する
「ジャストル」を手にする森山社長。手前がコチョウランの造花

ブルーウイング・延岡

◆アート型噴霧器−空間を除菌、消臭、加湿

 延岡市別府町のクリーンエネルギーメーカー「ブルーウイング」(森山喜昭社長)はこのほど、アート型噴霧器「ジャストル」を開発し、今月から販売を始めた。

 「ジャストル」は加湿器などに使われている超音波噴霧装置を活用し、環境に優しい液体で空間を除菌、消臭、加湿し、香りを提供する。本体にIC回路を組み込んでおり、5分間経過すると1分間噴霧するシステムを作り上げた。

 使用する液体は、植物抽出エキスを利用した環境関連商品メーカー「フイルドサイエンス」(本社北九州市)とタイアップしたオリジナルの植物性除菌型消臭液「JAST液」。ヒノキ、ヒバなど樹木の精油を配合しており、除菌や消臭のほか、精神を安定させ、自然治癒力や免疫力などの生理機能も高め、安眠効果もあるという。

 商品名「ジャストル」は除菌(J)、安眠(A)、消臭(S)、充電(J)、蓄電(T)、ライト(L)の頭文字から、森山社長(70)=同市別府町=がネーミングし、12月末に商標登録した。

 本体は見栄えを考慮したコチョウランと観葉植物の各3種(いずれも造花)。通常はコンセントを利用するが、鉢の容器内にリチウム電池を搭載しており、持ち運びも可能。鉢に装着しているUSBケーブルの差込口から携帯電話の充電やLED点灯(別売)もでき、小型の太陽光パネル(同)から本体への充電も可能で、災害時による停電時も活用できる。

 1月29日に大阪国際会議場(大阪市北区)であった展示会に出展したところ好評を博し、すでに約20台を受注したという。

 森山社長は、これまでも実弟で副社長を務める兼博さん(65)=同市片田町=とアイデア商品を生み出しており、「一般家庭の玄関や病院の待合室、ホテルのロビーなどさまざまな生活空間で活用できます。これからも弟と一緒に、世の中にありそうでないアイデア商品を作り出したい」と話した。

 価格はコチョウランが2万8500円、観葉植物が1万8500円、JASTL液は1リットル1600円(いずれも税別)。

 問い合わせは、同社(電話延岡31・4748)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top