【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

民間企業のノウハウ学ぶ

本紙掲載日:2016-02-03
2面
ベビー用品を商品棚に並べる甲斐さん
紳士服売り場でタイムサービスの準備をする白石さん

日之影町職員2人−イオン延岡店で研修

 日之影町役場の職員2人が1日から3日間、延岡市旭町のイオン延岡店(杉野康盛店長)で研修を行い、民間企業のノウハウを学んだ。同役場では昨年から、全国展開している同社の接客マナーや柔軟な発想を身に付け、住民サービス向上に役立ててもらおうと、入庁5年以内の職員を対象に同店で研修を実施している。

 今回は第1班として、入庁3年目の甲斐健太さん(30)=建設課=と、同2年目の白石誠さん(29)=農林振興課=が訪れた。

 初日に接客マナーや商品知識などの基本についてレクチャーを受けたのをはじめ、2日目からは生活雑貨と紳士服売り場に立って商品の運び出しや陳列、実際の接客を学んだ。

 甲斐さんは、紙おむつなどベビー用品をバックヤードから搬出して、職員のアドバイスを受けながら陳列。白石さんはタイムセールに合わせて、衣類の整頓などに、忙しく立ち働いていた。

 甲斐さんは「接客業は初めてで、常にお客さまがいらっしゃるので気が抜けません。基本的なことですが、笑顔を絶やさないことと、言葉遣いなどは町民の皆さんに接するのと同じなので、しっかり学んでいきたいと思います」。

白石さんは「明るくコミュニケーションの多い職場です。職員の皆さんそれぞれ、仕事への取り組み方や工夫など目標を持っているようで、そんな姿勢の一つでも吸収して、住民サービスに反映したいと思います」と話した。

 2人を指導した同店CS(カスタマーサティスファクション)担当の宮田理恵子さんは、笑顔であいさつという住民サービスにも通じる接客の基本を紹介。「公平な接客や先客優先などの4大原則を中心にお話させてもらいました。弊社の新入社員やアルバイトとは違って、社会経験もあるプロの方ですから、逆にこちらも見られていることを意識して気持ちが引き締まりました」と話した。

 同町役場からは、甲斐さんと白石さんに続いて、8日から3日間、田村幸大さん(30)=農林振興課=、矢通和樹さん(26)=同=、大村和輝さん(24)=地域振興課=の3人が研修に訪れるという。

その他の記事/過去の記事
page-top