【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3年生対象に主権者教育−延岡工業高

本紙掲載日:2016-01-30
2面
機械科3年生に政治に参加する重要性を話す河野校長

選挙権年齢引き下げ−政治の重要性学ぶ

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、今夏の参院選から適用されるのを前に、延岡市緑ケ丘の延岡工業高校(河野明浩校長)は29日、その対象となる3年生全243人に主権者教育を行った。同校教諭が講師を務め、生徒たちはクラスごとに政治の仕組みなどを学んだ。

 このうち機械科40人のクラスでは、河野校長が教壇に立って指導。政治について「資源の再分配」などと語句の意味を説明し、「例えば自分の暮らしを考えてほしい。水道や道路の整備などは税金で行われており、その分配を決めるのが政治。政治は一言で言うと、身の回りのこと全てで、われわれの生活と密接につながっている」と分かりやすくその重要性を伝えた。

 その上で、「選挙に参加する、しないは個人の自由だが、参加しない人は政治に不平不満を言う資格がないと私は思う。1票が国の体制に影響するかというと小さいが、自分も関わったというのが大事になる」と考え方を示した。

 また、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことについて、「延岡工業生は卒業後、就職する人がほとんど。君たちの先輩は18歳から税金を納めてきたにもかかわらず、20歳まで選挙権がなかった。私は18歳以上になって良かったと思っている」とし、「この授業が本格的に政治に関わり始めるきっかけになってほしい」と呼び掛けた。

 甲斐涼太君は「政治という言葉の意味が分からず興味が湧かなかったが、身近なことと分かり選挙に関心が持てるようになった。投票できるようになる今度の参院選からしっかり参加したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top