【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年新春インタビュー(18)−佐藤勇夫みやざき観光コンベンション協会長

本紙掲載日:2016-01-29
1面

さらなる誘客に全力−屋外型NTC誘致も

−−昨年は東九州自動車道の蒲江−佐伯間がつながり、北方延岡道路も全線開通と本県観光にとって大きな節目となった一年でした。

【佐藤会長】
東九州自動車道などを活用した誘客については東九州広域観光推進協議会を中心に、北部九州や中国・四国地方などへのキャラバン隊派遣や観光イベントの開催、旅行会社へのセールスなどを行ってきました。こうしたかいあって、延岡水郷やなの入り込み客は一昨年比30%増の2万人を超え、延岡から1時間足らずとなった高千穂峡も大型連休中の観光客が一昨年の1・5倍増の12万人と伺っています。また、NEXCO西日本などと連携した「大分〜宮崎ドライブパス」の今年度利用実績が1万件の大台を突破し、相応の手応えを感じています。

−−東九州自動車道は今春、宮崎と北九州間が全線開通します。海と空の交通インフラ整備も進み、さらなる誘客が期待されます。

【佐藤会長】
北九州までつながることで、特に北部九州や中国地方をターゲットに引き続き、PRや誘客促進を進めたいと思います。また、宮崎−延岡−高千穂間が約2時間となったことで、県内有数の観光地を活用した周遊ルート作成が期待されます。移動時間の短縮により観光施設などでの滞在期間の延長、立ち寄り箇所の増加などさまざまな開通効果が出ております。今後ともこの好機を逃すことなく、開通効果が県内全域に波及するよう誘客に全力で取り組んでまいりたい。
海外からの誘客も例えば、香港線は宮崎からは週2便ですが、鹿児島空港の週3便と熊本空港の週2便を合わせると毎日運行となり、両県を含めた南九州としての広域観光ルートが期待できます。大型クルーズ船の寄港も地域への経済効果が大きく、寄港地の関係者と連携しながら、船社へのセールス、クルーズコンベンションへの出展、寄港地でのおもてなしや歓迎イベントなどによりさらなる誘致を図っていきます。

−−「高千穂郷・椎葉山地域」の世界農業遺産認定も追い風としたいですね。

【佐藤会長】
世界農業遺産というブランド価値を得たことは観光面にも大きなプラスです。観光素材や観光商品の開発などの加速化が期待され、関係5町村などと連携しながら誘客に努めたいと思います。

−−オーシャンドーム跡地への屋外型ナショナルトレーニングセンター(NTC)誘致に期待が高まります。

【佐藤会長】
昨年10月、当協会も加わった官民一体の誘致推進委員会が設置されました。ゴルフとトライアスロンがナショナルトレーニングセンターの競技別強化拠点に指定されたこと、温暖な気候や食の魅力、宮崎大学と連携したスポーツ・メディカルの取り組みなどをアピールしながら、国に要望活動を行っています。誘致は「スポーツランドみやざき」のブランド力向上とともに、本県の大きな財産となります。ぜひ実現させたいですね。

−−スポーツキャンプ到来です。

【佐藤会長】
プロ野球は国内7球団と韓国1球団、サッカーJリーグは22チームが来県予定です。にぎわい創出のため、ファン交流イベントやキャンプ地を結ぶシャトルバス運行などに受け入れ市町村と連携して取り組みます。日本一のソフトバンクには父親が延岡市北浦町出身の工藤公康監督、オリックスにも北浦町出身で延岡工高卒の福良淳一監督がいます。本県と縁のある監督の活躍を期待しております。
2月23日からは「球春みやざきベースボールゲームズ」が開かれ、今年は2試合が日向市で予定されております。日向市にはまた、門川町出身で延岡学園高卒の梶原康司監督が率いるパナソニック野球部がやってきます。こちらも応援していただきたい。

その他の記事/過去の記事
page-top