【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

健康寿命「丈夫な足腰が支える」

本紙掲載日:2016-01-28
2面
講演する大崎医師

延岡市民大学OB会公開講座−大崎院長(大崎整形外科)が講演

 延岡市民大学OB会(那須演之会長)の公開講座(健康講演会)が24日、市社会教育センターで開かれ、同市大門町の大崎整形外科医院の大崎泰院長が、「健脚保ってイキイキ老後〜変形性膝関節障害とロコモ」をテーマに講演した。

 急激な高齢化に伴い、膝関節の障害や骨粗しょう症で、寝たきりや要介護になる人が増えていることから、症状や予防法、治療法などについての理解を深めてもらおうと開催。多くの市民が会場に足を運んだ。

 大崎院長は、今後ますます進む日本の高齢化と平均寿命の伸びについて話した上で、自立して生活できる健康寿命を延ばす大切さを指摘。運動器疾患が介護の原因に占める割合が高いことから、「健康寿命を支えるのは丈夫な足腰」とした。

 続いて、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)を紹介。歩行障害を引き起こす要因として、「筋力の低下」「バランス能力の低下」「骨や関節の病気」を挙げた上で、骨粗しょう症などの症状のうち、特に変形性膝関節症について話した。
 
 同関節症については「膝の軟骨がすり減って関節が変形し、痛みが生じる病気」とし、筋力強化のリハビリをはじめ、注射や薬物、手術などの治療法を紹介。日常生活の注意点として、体重を増やさない、激しい運動をしないなどを挙げた。

 最後に、早期発見と早期治療が大切として、気になる症状がある場合は早めに医療機関で診察を受けることを勧めるとともに、要支援・要介護にならないよう適度な運動などを行って健脚を保つことを呼び掛けた。

 また、当日は同医院の理学療法士3人が来場し、筋力やバランス能力を向上させるトレーニングなどを実際に指導。無理なく自分のペースで行うことを勧めた。

 同OB会の那須会長は「加齢とともに体のいろいろなところに障害がくるが、話をよく聞いて日ごろの暮らしの中に生かしてほしい」と話した。


話に耳を傾ける受講者
その他の記事/過去の記事
page-top