【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

九保大で模擬授業

本紙掲載日:2016-01-28
2面
講義を行う下堂薗教授

関心高め進路考える契機に−延岡高のMS科1年生

 延岡高校(段正一郎校長)メディカルサイエンス科=MS科=の1年生84人が27日、延岡市吉野町の九州保健福祉大学を訪れ、模擬授業を受けた。大学で講義を受けることで自然学科系の関心を高め、進路を考える契機にしてもらおうと実施した。

 この日は、同大教授による講義と実験を体験。講義では、薬学部の下堂薗権洋教授が「薬の使い方と薬の情報」と題して講話した。

 下堂薗教授によると、平成27年6月現在、日本の医療で使用されている医薬品は約2万品目あり、薬局などで販売されている医薬品約1万2千品目と合わせると3万品目ほどあるという。

 その上で、「薬の基本情報は、いつでもどこからでも入手できるが、使うのも使われるのも人間。適切に安全に使用しなければならない」と強調した。

 また、薬の服用時間については便秘薬を例に挙げ、「寝る前に飲む理由は、起きて立ち上がると胃と直腸が連動して活発になるから。朝が一番排便したくなる」と説明。

 「薬を服用する時間にはルールがある。他にも患者の年齢や状態に合った使い方、医薬品の特性を知って適正に安全に使用しなければならない」と訴えた。

 薬学部で勉強をする際には生物や物理、特に化学の勉強が非常に大切であることなども紹介。「医療を志す人は、病気の人にどうしてあげればよいかを提案し、行動できる人。医療は進歩、発展していくので、絶えず学んでいる姿勢が必要」と呼び掛けた。

 講義の後は、薬学部薬学科の山崎哲郎教授の指導の下、「サリチル酸メチルの合成」と題した実験も体験した。

 黒木優太君は「日本で使われている医薬品が約2万品目あることなど、薬学の分野はとても広いと感じた。今のうちから物理、生物、化学の勉強をしていきたい」と話した。


真剣な表情で受講する生徒
その他の記事/過去の記事
page-top