【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマー科学技術省事務次官ら延岡を視察

本紙掲載日:2016-01-28
3面
延岡市を訪れたミャンマー科学技術省事務次官のチョウ・ゾウ・ソウさん(左)とマンダレーコンピューター大学学長のモー・プエンさん

 ミャンマー科学技術省事務次官のチョウ・ゾウ・ソウさん、同国のマンダレーコンピューター大学学長のモー・プエンさんら一行が27日、延岡市を訪れ、首藤正治市長を表敬訪問の後、旭化成展示センターや延岡鉄工団地など市内を視察した。

 延岡市では平成26年度、ミャンマー日本人材開発センター(MJC)で学ぶ企業経営者を招き、企業訪問やインターンシップを実施。昨年8月には市長や議長、地元経済界など産学官関係者がミャンマーを訪れるなど、交流が続いている。

 加えて、宮崎大学がミャンマーの工学系3大学と双方の学位を取得できる連携協定を結び、昨秋から4人を工学研究科の修士課程に受け入れ、近く延岡市内の企業でインターンシップを行う予定であり、今後の事業展開を踏まえて来延した。

 市役所には2人のほか、宮崎大学副学長の伊丹利明さん、客員教授のパイティンさん、工学教育研究部准教授のティティズィンさん、工学研究科修士課程で受け入れている学生4人が訪問し、首藤市長や上田美利市議会議長と言葉を交わした。
 
首藤市長は「今回の訪問を心から歓迎します。ミャンマーと日本の接点の一つになれるよう努め、友好がさらに深まることを願っています」。事務次官は「延岡市の皆さんを会えて光栄です。今後とも宮崎地域、延岡市の皆さんと交流が深まることを確認しています」などと話していた。

 事務次官と学長の二人は26日に来日し宮崎市入り。27日に延岡市内を視察した後、宮崎市に移動し、28日に帰国を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top