【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年新春インタビュー(14)−山添勝彦旭化成延岡支社長

本紙掲載日:2016-01-22
1面

信頼を取り戻すために−安全第一、業績伸ばす

−−昨年は旭化成にとって苦難の年でした。建材のくい打ち問題に加え、延岡地区でも老朽化した導水管が原因と考えられる田んぼの陥没や、年末には火力発電所の火災がありました。

【山添支社長】
建材の件では皆さまに大変なご迷惑とご心配をお掛けし、誠に申し訳ありません。全従業員一丸となり、それぞれの職場で各人ができることに精いっぱい取り組み、信頼の回復に努めて参ります。
導水管は北川から祝子川までの4・7キロ間に埋設しており、一昨年から3年計画で農閑期を利用して撤去、または撤去が不適切な所は気泡コンクリートを充填(じゅうてん)する作業を順次進めていたところでした。該当箇所は充填予定の場所で、地権者の方の了解も得て、近々、陥没の原因調査と修復を行います。ほかの場所も来春までに対策を完了予定ですので、ご理解いただければと思います。
火災でもご心配をお掛けしました。石炭と重油を混燃した際、石炭の燃焼かすが想定以上に大きな塊となり、遮られた重油が漏れたことが原因でした。すぐ消火しましたが、高温のため冷却する必要があり、安全確認に一昼夜かかりました。これを教訓に、燃焼かすの成長を防ぐ手順をただちにマニュアルに反映させました。また、恒富地区にもう1基あった火力発電設備は、老朽化のため既に撤去し更新作業に入っています。新設備は再来年の春に完成予定です。

−−巨大地震津波対策は。

【山添支社長】
ウラン関連廃棄物の地下保管施設が完成し、8月ごろには現施設からの移庫が完了し、安全性が各段に向上します。また、各工場では、揺れを感知して作動する自動遮断弁の設置が完了しました。新港基地では大型重油タンク(7千キロリットル)2基の撤去を決めました。受け入れた重油を各工場に直送する方式に変えることで、新港での保有量を最小限にします。
人命確保の観点では、全従業員が10分以内で高所に避難できる体制を整えました。車いすなどを使う従業員のいる職場は支社建屋内に移し、補助者を決め、避難訓練を行っています。

−−延岡・日向の事業は好調ですね。昨年はベンリーゼ(ベンベルグ繊維の不織布)とハイポア(リチウムイオン電池セパレータ)の設備増強を発表しました。

【山添支社長】
レオナ繊維・樹脂などの車用途品、ベンベルグ関連製品、ウイルス除去フィルタープラノバなどが特に好調です。また、リチウムイオン電池はスマホなど民生用に加えて、電気自動車用の需要増が期待されており、日向でハイポアの第5系列を新設中です。これらにより世界一のシェアを維持し、さらに拡大を目指します。

−−ニューイヤー駅伝は少し残念な結果でした。

【山添支社長】
前評判からは物足りない結果でしたが、来年はこの経験を生かし躍進してくれると信じています。その前に、今年のリオ五輪に複数の選手が出場できるよう応援をよろしくお願いします。1万メートルで日本新を出した村山紘太と鎧坂、福岡国際マラソンで日本人1位の佐々木、世界柔道やグランドスラム東京で優勝した大野、羽賀、高上、そして今春入社予定の永瀬君らに期待しています。

−−今年はどんな年にしたいですか。また、市民に伝えたいことがあれば。

【山添支社長】
信頼を取り戻すために精いっぱいやる、その一言に尽きます。安全第一の操業で業績を伸ばし、スポーツでも良い報告のできる一年になればと思います。それから一つ気になるのは、延岡では横断歩道で待っていても止まってくれる車が少ないこと。昨秋から、支社管内で「横断歩道で人を見かけたら止まろう」運動を進めています。交通安全のため、市民の皆さんにも、ご協力をお願いします。

その他の記事/過去の記事
page-top