【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「平和の日」延岡の集い

本紙掲載日:2016-01-21
1面
第32回「平和の日」延岡の集いの概要を説明する主催者。日本ペンクラブ側は右から大城さん、菊池さん、高橋さんが出席した

日本ペンクラブ主催−浅田次郎氏らリレー対談

◆3月5日、延岡総合文化センター

 平和について考える「第32回『平和の日』延岡の集い」が3月5日午後1時から、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター大ホールで開かれる。主催する日本ペンクラブ(浅田次郎会長)と、県・市で構成する実行委員会が21日、同市役所で記者会見し、概要を明らかにした。同イベントの県内開催は今回が初めて。

 テーマは「平和の日に想う子ども・いのち・神話・自由」で、8人の出演者が4組に分かれて対談。澤地久枝さん(作家)と加賀乙彦さん(同)が「子ども」、新井満さん(同)と吉岡忍さん(同)が「いのち」、花田景子さん(エッセイスト)と中西進さん(文学者)が「神話」、浅田次郎さん(作家)と山本晋也さん(映画監督)が「自由」について、リレー形式で言葉を交わす。

 申し込みは、 嵎刃造瞭」観覧希望⊇蚕雖L樵悪て厩埃圓凌与堯碧椰祐泙爍歓佑泙如豊ヅ渡暖峭罎魑載し、はがきかファクス、メールで。定員1300人。入場無料。事前申し込み制で2月19日(消印有効)まで先着順で受け付けるが、定員になり次第締め切る。記載内容が不足している場合は無効。実行委員会事務局が、入場整理券か落選通知を送付する。

 このほか、本番前日の3月4日午後には、レセプションと記念植樹を予定しており、時間や場所など詳細については今後検討する。

 会見には、日本ペンクラブ常務理事の高橋千劔破さん(作家)、同企画事業委員会委員長代行の菊池夏樹さん(エディター)、同平和委員会副委員長の大城聡さん(エッセイスト、弁護士)、首藤正治市長、実行委員会事務局が出席。当日のプログラムや前日の記念植樹の概要などについて説明した。

 開催地を代表して首藤市長は「『平和の日』延岡の集いの開催は非常にうれしい。市民の知的好奇心を大いに満たすイベントになるのではとわくわくしている」と歓迎。高橋さんは「当日はぶっつけ本番なのでどういう内容になるか分からないが、言葉の達人同士の対談なので楽しい話が聞けると思う。ご期待いただきたい」と意気込みを語った。

 日本ペンクラブは、ロンドンに本部を持つ国際ペンの日本センターとして1935(昭和10)年11月26日に創立。初代会長は島崎藤村。作家や詩人、俳人、劇作家、エッセイストらで組織し、平和や言論の自由を守る活動などの取り組みを続けている。

 「平和の日」は、1984(同59)年5月に日本で開かれた「第47回国際ペン東京大会」の平和委員会で設定され、翌年に第1回目の取り組みが実施された。第2回目からは3月3日に合わせ、世界中のペンセンターで平和を希求するキャンペーンを行っている。日本では前回、富山市で集いを開催している。

 申し込み先は、「平和の日」延岡の集い実行委員会事務局。はがき宛先(〒882―0811宮崎県延岡市天神小路255―1内藤記念館内。ファクス(0982・34・6438)、メール(bunka@city.nobeoka.miyazaki.jp)。問い合わせは同市教育委員会文化課(電話延岡22・7047)。

その他の記事/過去の記事
page-top