【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

祝子地区でおこしんさん巡り

本紙掲載日:2016-01-18
2面
庚申塔(左端)の説明を聞く参加者

冬晴れの道をのんびりと−延岡

 地域に点在する庚申塔(こうしんとう)などを訪ねるイベント「おこしんさん巡りフットパス」が16日、延岡市祝子地区であった。家族連れを含む約30人が参加、〃路傍の文化財〃に触れながら冬晴れの道をのんびりと歩いた。

 祝子地区には、天孫降臨の際に道案内したとされる猿田彦命(サルタヒコノミコト)などを祭った庚申塔が数多く残されている。こうした地域の風景を楽しみながら歩くのがフットパス。地元の市民グループ猿田彦の会(松田宗史代表)が一昨年から開いている。

 3回目となったこの日は、祝子町の佐藤焼酎製造場をスタートし、柚木−宇和田−鹿狩瀬−佐野を巡る8キロのコース。

 参加者は、庚申塔に彫られた青面金剛や梵字(ぼんじ)などを写真に納めたり、松田代表らの説明に熱心に耳を傾けた。また、宇和田町にある樹齢300年以上といわれるシイの大木なども間近で見学。その大きさに驚いていた。

 柚木町の深水ミチ子さん(73)は「この付近は普段から散歩しているが、こんなにたくさんの庚申塔があるとは知らなかった」と話し、友だちと談笑しながら道歩きを楽しんでいた。

 ゴール後は、佐藤焼酎製造場で同社、千徳酒蔵、ひでじビールによる三蔵祭もあった。

その他の記事/過去の記事
page-top