【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

門川町の未来、将来は−

本紙掲載日:2016-01-18
3面
全員の発表を終え、前列に並んで拍手を受ける児童・生徒

小中高校生、ふるさとへの思い語る

 門川町の小中高校生がまちづくりなどについて意見を発表する「平成28年第8回新春子どもの声を聞く会」が16日、同町クリエイティブセンターであり、8人の代表児童・生徒が「ふるさと門川」への思いや将来の夢などを発表した。

 「明日の門川町を担う優れた人材の育成」の一環で同町教育委員会が毎年開いている。今年も小学4校、中学2校、高校1校から選ばれた児童・生徒が参加。教育関係者や保護者、地域の人たちが見守る中、順番に門川町に住んで思うことや希望、自分が描く未来像などを堂々と述べた。

 門川小学校5年の姫野桃子さんは「人にやさしい町門川町」と題し、特に高齢者が暮らしやすいまちづくりのためには「バス、タクシーなど交通の充実、避難場所と避難路の整備、福祉施設に介護福祉士と訪問介護員を増やすこと」を三つのお願いとして提言。その上で「一人一人が町の一員としてできることをし、人にやさしい町にしていきたい」と思いを語った。

 門川高校2年の黒川菜津美さんは「門川町の将来を見据えて」をテーマに、自然災害への備えと防犯の取り組み、いじめなどがない人権尊重の社会づくりを「とても大切なこと」として掲げ、「これらの改善を心掛けることで門川の良いところを伸ばすことができる。さらに良き町になるよう、私たち高校生も努力します」と誓いを立てた。

 8人の発表後は、安田修町長が代表して一人一人の内容に感想を述べ、「自分にできることを考えることは極めて大事なこと。そんな考えを持っている子どもたちがいることは町の大きな宝でたくましく感じた。これからもまっすぐに成長してもらいたい」と講評した。

 発表した児童・生徒と発表テーマは次の通り(発表順)。

▽佐藤知優(五十鈴小5年)「守りたい門川」
▽岩切龍馬(門川中3年)「僕が思う世界の共通言語」
▽姫野桃子(門川小5年)「人にやさしい町門川町」
▽松井冴環(西門川中2年)「MyDreams」
▽稲村颯志(草川小5年)「ふるさと門川町と未来へ」
▽後藤央(西門川小5年)「こんな門川町にしてほしい」
▽櫻川奈央(門川中2年)「笑顔あふれるふれあいの町門川町」
▽黒川菜津美(門川高2年)「門川町の将来を見据えて」

その他の記事/過去の記事
page-top