【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

初競り、空飛ぶ新玉ネギ−JA延岡

本紙掲載日:2016-01-18
1面
各サイズとも高値が付いた「空飛ぶ新玉ネギ」の初競り

過去最高値−A品3L、1玉800円

 JA延岡(白坂幸則組合長)特産の超極わせ玉ネギ「空飛ぶ新玉ネギ」の初競りが18日、延岡市牧町の延岡綜合地方卸売市場(大保博司社長)であった。品質や収量も例年並みで、ご祝儀相場もあって、高値で取引された。中でもA品3Lサイズ(直径10センチ以上)は1玉800円(卸値)と平成10年に「空飛ぶ新玉ネギ」が登場して以来の最高値を記録し、好調なスタートを切った。出荷は3月中旬まで続き、約80トンの出荷量、販売高2千万円を目指す。

 JA延岡によると、昨年末からの暖冬の影響などで生育や玉太りは順調で、日照時間や適度な降雨にも恵まれたことから、平年並みの初出荷になったという。

 けさは市内の出北を中心とする9戸の生産農家が、出荷基準に適応した新玉ネギを箱詰めにして持ち寄り、68ケース350キロが一気に競りに掛けられた。

 このうち、A品の2Lサイズ(直径9〜10センチ)は1玉400円、Lサイズ(同8〜9センチ)は同200円、Mサイズ(同7〜8センチ)は同150円、Sサイズ(同6〜7センチ)は同70円の高値で取引された(いずれも卸値)。

 「空飛ぶ新玉ネギ」はトップゴールドという品種の葉付きのものを呼び、辛みが少なくほのかな甘みとみずみずしさが特長で、サラダなどに最適という。管内では日照時間が長い気象条件を生かして、JA延岡玉ネギ部会(黒田啓睦部会長、115戸)のうち約50人が約7ヘクタールで生産している。

 黒田部会長(59)=同市日の出町=は「けさの3Lはこの時期に見たことのないボリュームだったが、過去最高値には驚いた。おかげで幸先のいいスタートが切れました。寒い中で玉太りするのが空飛ぶ新玉ネギの特長。生産者が冷たい水で1玉1玉丁寧に手洗いしており、1皮むかずにそのまま安心して、たくさん食べてほしい」と話した。

 JA延岡によると、3月上旬から切り玉ネギの出荷もスタートし、県内や関東方面を中心に葉付き、切り玉ネギ合わせて790トンを出荷予定で、販売高で約1億円を目指すという。

その他の記事/過去の記事
page-top