【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミニ選会長「若者の関心高めたい」

本紙掲載日:2016-01-16
8面
若者世代の投票参加を呼び掛ける日發気

九保大社会福祉学部4年・日砒莉さん

 「若者の政治や選挙に対する関心を高めよう」と活動する団体が延岡市にある。ミニ選挙管理委員会2001(in延岡)=略称・ミニ選=。大学生や20代の社会人で構成し、イベントなどを通じて若い有権者に投票を呼び掛ける。会長の日砒莉さん(23)=九州保健福祉大学社会福祉学部4年=に、選挙権年齢引き下げや今後の活動について意欲を聞いた。

 ミニ選は、若者世代の政治に対する関心や選挙に参加する有権者意識を高めることなどを目的に、平成13(2001)年に発足しました。メンバーは大学生と20代の社会人で構成し、現在15人で活動しています。

 主な活動は啓発活動です。選挙が近くなると若者に投票の呼び掛けなどを行っていますが、選挙がない時でも、若者に政治や選挙に興味を持ってもらうため、祭りなどの催しに参加してチラシを配ったり、イベントを企画したりしています。

 入会は21歳の時です。動機は入会している友だちが楽しそうだったからです。どちらかといえば、選挙よりイベント企画を考えたりできることが魅力でしたが、入ってみると選挙の面白さに気づき、今では入会してよかったと思っています。

 このほど、公職選挙法が改正され、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられました。私自身まだ勉強中ですが、若者の意見が政治に反映されるメリットがある半面で、有権者が増えるばかりで投票率のさらなる低下を招く恐れもあります。

 こうした若者世代の投票率のさらなる低下につなげないためには、やはり意識を高める啓発を地道に続けていくしかありません。そのためにも会員の補強は待ったなしの課題です。今後は高校生の入会を積極的に募っていくことも必要です。

 現在は政治や選挙の啓発活動に加え、ステージイベントでは派手な統一衣装でダンスを披露するなどしています。高校生や大学生など同じ若者世代に、まず会の活動に楽しさや興味を持ってもらい、一緒に活動してもらえたらと考えています。

◆まずは投票所に足を運んで

 選挙権年齢の18歳以上引き下げは、夏の参議院議員選挙から適用される見通しですが、新たに有権者となる人には、各候補者のマニフェストの内容がどうとか難しいことを考えず、まずは投票所に足を運んで選挙に参加してほしいです。

 私の周囲には、「投票を1回経験したことで選挙が楽しくなった」という友人もいます。たとえ候補者の訴えが詳しくは分からなくても、取っ掛かりは何でもいいので、まずは政治や選挙に触れてみることが大切ではないでしょうか。

その他の記事/過去の記事
page-top