【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

韓国へ、花の輸出開始

本紙掲載日:2016-01-16
3面
県産スイートピーの輸出準備をする岡田組合長

香港に続いて海外市場へ−延岡生花地方卸売市場

 協同組合延岡生花地方卸売市場(延岡市東浜砂町、岡田明利代表理事組合長)は15日から県産スイートピーの韓国への輸出を始めた。同組合は2年ほど前から香港への輸出をスタートしている。韓国への生花の輸出は県内初という。

 人口減少などで商圏が狭まり、国内の購買力の低下が懸念される中、世界への販路拡大を目指す同組合が、ソウル市内の二つの市場に営業所を持つ生花卸業者「T&C」(尹敬童=ユン・ギョンドン=社長)との商談をまとめて実現した。

 現在、韓国には東京の大田市場からのみ輸出されているが、「日本一の生産量を誇る宮崎県産のスイートピーを独占で扱い、他の卸業者との差別化を図りたい」との構想を抱くユン社長が、インターネットで同組合の香港の輸出事業を見つけたのがきっかけ。県の紹介で岡田組合長と知り合い、お互いに行き来して視察や交流を深め、約1年がかりで準備を進めてきた。

 韓国でもスイートピーは生産されているが品種が少なく、日本産は品種が豊富で品質が良く、長持ちすることから需要が高いという。

 初出荷ではピンク、黄、紫色など色とりどりの約20種6千本を用意。8割が日南市産で、残りが延岡市と門川町産。1ケースに100本ずつ箱詰めし、トラック便で福岡空港へ。同空港やソウル空港での検疫などを受けた後、19日朝にソウル市内の市場に並ぶ予定。

 今後、2月いっぱいのシーズン中、毎週6千本の出荷をベースに、様子を見て数量を増やしていく計画。また、今年から香港へスイートピーに加えて県産ラナンキュラスの輸出が始まるが、韓国でも取り組みたい考え。

 岡田組合長は「JA宮崎経済連の全面的な協力で、県内すべてのJAで生産されているスイートピーを延岡花市場を通して出荷できる環境が整ったことが大変ありがたい。輸出事業が生産者の意欲向上や所得の安定はもちろん、組合員の意識が高まり、誇りになればうれしい」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top