【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

料理レシピを公開−延岡市

本紙掲載日:2016-01-15
2面
「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジinのべおか」の最後を盛り上げたスペシャル企画「シュフシェフのべおかごはん自慢」(昨年11月23日)

エンジン01−「食」の町の新しい郷土料理

◆シュフVSシェフ・のべおかごはん自慢大会作品

 延岡市は14日、「エンジン01文化戦略会議オープンカレッジinのべおか」(昨年11月)のスペシャル企画の中で講師のシェフや出演した市民が披露した、地元食材を使った料理レシピを公開した(後日、公開レシピを掲載予定)。

 スペシャル企画は、作詞家の秋元康さんがプロデュースし、大会最終日に行われた「シュフシェフのべおかごはん自慢大会」。プロの料理人(シェフ)と料理自慢の市民(シュフ=主婦)が作った、延岡の豊かな食材を使った「食」の町の新しい郷土料理を料理評論家の山本益博さん、作家の林真理子さんらが実際に味わい審査した。

 公開されたレシピは、「あすののべおか郷土料理」としてプロの料理人から市に贈られた5品のシェフレシピと、グランプリ、準グランプリ、特別賞を受賞した市民が作った4品のシュフ(主婦)レシピ。ともに家庭内でレシピを手本に調理を楽しむことができる。商品として製造・販売はできない。

 シェフレシピについては、延岡市民であれば家庭以外の飲食店などで活用することができるが、その場合は延岡市に活用方法などの事前の届け出が必要。市で活用内容を確認し、連絡する。シュフレシピは家庭外での活用はできない。

 市企画課は「レシピの公開は、エンジン01文化戦略会議のシェフはじめ、関係者の皆さんの厚意によるものです。ぜひ、多方面で活用していただき、多くの方に延岡の新しい食を楽しんでほしい」と話している。

 活用方法などの問い合わせは、同課(電話延岡22・7003)へ。

 レシピが公開された料理は次の通り。

【シェフレシピ】
▽「のべおかトマトのカプチーノ」(山田宏巳さん)
▽「いいよみそ(魚味噌)エンジン2015版」(犬養裕美子さん・吉田善兵衛さん)
▽「延岡ぶったまドッグ」「さとういも」(横川潤さん・園山真希絵さん)
▽「Atago(あたご)」(鎧塚俊彦さん)

【シュフレシピ】
▽グランプリ「おばあちゃん秘伝のおはぎ」(永谷美沙子さん)
▽準グランプリ「彩り野菜のディアカレー」(高見若奈さん)
▽同「真津子デラックスひじきのちらし寿司」(酒井真津子さん)
▽特別賞「文子流白和え」(宮居文子さん)

その他の記事/過去の記事
page-top