【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

旬鮮食材−新ゴボウ

本紙掲載日:2016-01-13
4面
市内近郊や児湯、串間から入荷している新ゴボウ

香りよく柔らかい「水田ゴボウ」

 新ゴボウが入荷している。年末の需要期から増えてくる。今、新ゴボウとして出ているのは、水田で作られているので「水田ゴボウ」とも呼ばれている。普通のゴボウよりも、さらに香りがよくて軟らかい。あくも少ないそうだ。

 県内最大の産地は串間市。「水田ゴボウ」はJAはまゆうの特産品で、12月から来年4月に収穫される。米作り後の裏作として栽培が始まったが、今ではどちらが表作か分からなくなるほど人気が高いという。

 ゴボウに含まれる多糖類のイヌリンや繊維質のセルロース、リグニンの含有量は野菜の中でもトップクラス。ほかにもカリウム、マグネシウム、亜鉛、銅などのミネラル成分も多く含まれている。水にさらすと出るあくはポリフェノール、あく抜きは不要だ。

 包丁の背などでゴシゴシと皮をそぎ落とすと、せっかくのうま味、栄養、香りが取れてしまうので、泥を落とす程度に洗うぐらいがちょうどいい。

 食べ方としては、さっとゆがいてサラダにしたり、炒め物はもちろん、適当な大きさに切って揚げたりと、シンプルに食べるのが一番。きんぴらごぼうをはじめ、牛肉、ネギ、ショウガと一緒に甘辛く煮味付けした煮物などの料理も、新物を使うとひと味違ってくる。

その他の記事/過去の記事
page-top