【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

寒さこらえ心身鍛練−空手道

本紙掲載日:2016-01-13
9面
海に入って気合の100本突きを行う参加者(10日)

4道場が海中で稽古

 県硬式空手道連盟(会長=桃井敏行・総合武術空手道士学館館長)の第43回合同寒稽古は10日、延岡市の土々呂海浜公園であり、幼児から一般までの約55人が、真冬の冷たい海につかりながら心身を鍛えた。

 参加したのは、空手道拳心会練義塾(塾長=甲斐義明・九州硬式空手道連盟会長)、同拳誠塾(甲斐誠塾長)、同仁武館(甲斐淳彦館長)、総合武術空手道士学館の同市と宮崎市の4道場。

 冒頭、桃井県連会長が「初稽古では、良い1年になるように新たな目標を決めてほしい。気持ちがぶれると寒く感じるので、最後まで気持ちを切らさずに頑張ってください」、甲斐九連会長は「寒稽古は忍耐力をつけ、精神力を高めることが目的。今年1年間、昨年よりレベルの高い成績を目指して練習し、努力してほしい」とそれぞれ激励した。

 続いて参加者は全員裸足で突きや蹴り、受けなどの基本動作や型でウオーミングアップした後、海岸の砂浜に移動。男子は上半身裸、女子は道着のまま膝下まで海に入った。

 延岡市内の同日午前10時の気温は6・9度。真冬並みの寒さに加え、冷たい西風が吹き付けるコンディションの中、参加者は寒さをこらえながら気合の100本突き。当初は震えていた子供たちも次第に慣れた様子で、終了時には海水を掛け合ったり、海につかる光景も見受けられた。

 たき火で暖を取った後は近くの東浜区公民館に移動し、父母の会が用意した温かいぜんざいやカレーライスを食べながら、今年一年間の活躍や健康を誓い合った。

その他の記事/過去の記事
page-top