【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

つなごう延岡−いわき支援プロジェクト

本紙掲載日:2016-01-12
3面

3月19、20日第1回の展示・販売−実行委、作品を募集

 つなごう延岡・いわき支援プロジェクト実行委員会(猪野隆徳実行委員長)は、3月19、20日に延岡総合文化センターで行う「第1プロジェクト」で展示や販売をする作品(絵画、書、写真、陶芸など)を募っている。経費を差し引いた益金は、出品者からの寄付金という形で、福島県いわき市に送られる。

 心を動かす音楽や美術の力を借りて東日本大震災の記憶をとどめ、被災した兄弟都市の復興を支援し続けるとともに、自らの防災意識を高めようというプロジェクト。

 作品展は19日午前9時から20日午後4時まで同センターの展示室1、2で開く。当初は19日のみの予定だったが2日間に延長した。19日は小ホールでコンサートも行う。

 販売作品は、はがき大から色紙程度の大きさで、500円からおおむね2000円程度で買えるもの。ジャンルは問わない。

 展示作品は大きさ、テーマとも自由で、1人2点まで。ラベルに被災地や防災に対する思いを添える。販売、展示作品とも自分で搬入・搬出できることが条件。搬入時間は18日午後1時から6時まで。展示作業を手伝うボランティアも募っている。

 小中学生の作品は学校単位で募り、展示後はいわき市の学校に送ることにしている。

 実行委作品展担当の八木千穂子さん(北方学園中、黒岩中非常勤講師)は「創作活動をされている方々の多様な作品を一堂に紹介し、被災地への支援と鎮魂の気持ちを表すとともに、防災意識啓発の場にしたいと思っています。多くの参加を」と呼び掛けた。

 同プロジェクトは、絵画と音楽を組み合わせたチャリティー活動をしているドイツ在住の画家吉田義生さんの「津波」の絵が、県北教職員互助会展で紹介されたことをきっかけに始められた。「第2プロジェクト」では来年11月にモーツァルト作曲「レクイエム」の全曲演奏を行う。

その他の記事/過去の記事
page-top