【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

金子裕則さん元日に「LIFE」

本紙掲載日:2016-01-08
8面
金子裕則さん
35周年記念アルバム「LIFE」

延岡のシンガー・ソングライター

◆新たなステップへ足跡刻む−プロデビュー35周年記念

 延岡市在住のシンガー・ソングライター金子裕則さん(57)が1日、プロデビュー35周年を記念したCD「LIFE」を発表した。ヒット曲「哀歌」や「Fine(フィーネ)」のほか、このアルバムのために書き下ろした新曲など、35年間の歌手生活の足跡を刻んだ12曲を収録している。

 金子さんは福岡大学在学中の昭和54年、プロへの登竜門「第18回ヤマハポピュラーソングコンテスト」(通称・ポプコン)に出場。作詞作曲した「哀歌」で優秀曲賞を受賞し、同年12月5日にプロデビューした。

 ヤマハとの契約終了後は、東京や長崎を拠点に音楽活動を続け、平成19年からは故郷延岡に拠点を移した。24年には長崎市在住の音楽仲間・河村泉兵衛さんとのアコースティック・デュオOTOGI(おとぎ)を結成し「RYOMAからの手紙」で2度目のメジャーデビューを飾った。

 また毎週月曜から土曜日の夜、船倉町丸の内ビルのライブバー「コパカバーナ」で歌声を披露している。

 一作年、デビュー35周年を機にアルバム制作をスタート。1年掛けて、1人で楽曲づくりや録音作業など全て完了。ジャケットデザインなどを経て元日にようやく完成した。昨年11月に亡くなった父護さんにささげたい気持ちも強かったという。

 収録曲は新曲「LIFE」、友人の立ち直りを願って書いた「魔法なんかいらない」、MIHOさんに曲を提供した東日本大震災の復興支援ソング「環〜たまき〜」など。

 金子さんは「若いころよりも音楽への制作意欲が強くなっています。タイトルは付けていませんが〃ライフ〃というアルバムの第1弾のつもり。年に1枚のペースで作り続け、聴く人に『次はどんなアルバムになるのかな』と思ってもらえるような楽曲を発表していきたい」と意欲を語った。

 価格は2千円(税込み)。問い合わせは金子さんのEメール(aika0806@docomo.ne.jp)で受け付けている。

その他の記事/過去の記事
page-top