【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

白ネギ収穫ピーク−祝子町の松田さん方

本紙掲載日:2016-01-08
3面
白ネギを収穫する松田さん

暖冬も順調に生育−延岡

 白ネギの収穫が各地でピークを迎えている。延岡市祝子町の農業松田純二さん(58)方では、妻朋子さん(56)や従業員、近所の人たちの手を借りながら連日、収穫作業に追われている。2月中旬まで続く。

 松田さんは雇用創出につなげようと、水稲(10ヘクタール)、タカナ(1・3ヘクタール)などの大規模栽培に取り組んでいる。白ネギ栽培は昨季に10アールで始めたばかりだが、今季は50アールに拡大した。

 来季はさらに10アール増やす計画で、労力軽減を図ろうとタカナ栽培に活用している紙製の育苗資材「チェーンポット」を導入。数珠状につながった苗を、専用の定植機で一定間隔で簡単に移植できるように工夫した。

 2年目の今季は暖冬ながら順調に生育し、長さ約90センチに成長した白ネギを1本ずつ丁寧に引き抜く作業が続く。収穫した白ネギは泥を取り除いた後、長さ55センチに切りそろえ重さ300グラム(2、3本)分を一束にしてJA延岡の産地直売所「ふるさと市場」などに出荷する。

 白ネギの白い部分にはビタミンC、緑の部分にはカロテン、カルシウム、ビタミンCなどが含まれている。ネギの香りの成分であるアリシンはビタミンB1の吸収を助け、血行促進、殺菌などさまざまな働きがある。冷えた体を温め、疲労回復や風邪に効果のある野菜といわれているという。

 松田さんは「地域農業の振興につながる雇用創出のため、今後も農作業の省力化を図りながら規模拡大を目指したい。JA延岡などの協力を仰ぎながら、新たな作物の栽培にも取り組みたい」と意欲を見せていた。

その他の記事/過去の記事
page-top