【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平成28年新春インタビュー(5)−尾畑英幸美郷町長

本紙掲載日:2016-01-08
1面

2040年の人口、3600人維持へ

◆延岡、日向市のベッドタウン構想

 −−昨年6月から救急救命業務を民間会社に委託しました。全国初の取り組みでしたが運用は順調でしょうか。

【尾畑町長】
旧3村の合併後、常備消防でない町にとって救急業務は一番の課題だと感じていました。以前は日向市との広域的な取り組みも検討されたようですが、財政負担の面から断念した経緯があります。今までの救急搬送は病院に連れて行くだけで何の処置もできませんでしたが、救急救命士が同乗することで、町民の皆さんの安心感も大きく違います。病院に着くまでに症状など、さまざまな情報を知らせることができ、病院側も事前準備して迎えられるため助かっていると聞いています。

 現在は北郷地区のみを対象としていますが、平成28年度は南郷でも実施できればと計画中です。30年度までには全町に広げたいですね。救命士には消防団活動、救命講座などにも取り組んでいただき感謝しています。できれば今後は黒木小学校跡地を改装して、救命士の人たちが住めるような形にできればいいですね。そこを会社の拠点・住まいとして動けるようにしたいです。

−−町の高齢化率は県内トップと深刻です。地方創生にどう取り組みますか。

【尾畑町長】
今の現状では2040年には約3100人ほどに減少する見込みですが、町では人口3600人を維持したいと考えています。定住化に向け、安心な仕事づくり、安心な住まいづくり、そして暮らし、結婚、子育てなどの環境づくりに努めていきたいです。入郷地域の中でも市街地には最も近く、場所的には一番いいですから、延岡市や日向市のベッドタウン構想など掲げ、移住者なども呼び込むために住宅の整備など進めていきたいです。総合戦略は企画課内で計画づくりなど行っていますが、3月までに出来上がるので、実施にあたっては対策室など専門の窓口を新たに置いて、町民の相談にも乗れるようにしたいです。また、職員を町内にどんどん出して、町民と会話する中から町内の実態を把握したいと考えています。

−−旧3村の合併から丸10年が経過しました。今後のまちづくりにどう取り組みますか。

【尾畑町長】
町が発展するには、どうしても旧3村がお互いに競争し合うような形でないといけません。歴史があり伝統がある三つの村を一つにするには難しい部分もありますが、一体感の醸成にも取り組みたいところです。そのためには全地区参加の大きな行事を実施することが一番いいと考えています。毎年の産業文化祭は西郷で実施していますが、北郷、南郷からの農作物の出品も多くなりました。こうした活動を地道にやっていけば、おのずと一体感が生まれるのではないかと思います。

−−耐震工事のため西郷ニューホープセンターへ仮移転中の町役場は平成28年度の完成予定です。

【尾畑町長】
平成27年度で基本設計、実施設計が終わり、28年度早期に着工し、年度末には完成します。庁舎建設の積み立て基金6億円の範囲で抑え、なるべく一般財源を使わない形で考えています。以前の議場は会議室として使うことにし、駐車場だったスペースに新たに議場棟を設置する計画です。皆さんが訪れやすい場所にしたいと思っています。

−−今年の抱負をお願いします。

【尾畑町長】
今年は町民歌を作ろうと考えています。北郷、西郷には村民歌がありましたが南郷にはなかったようです。町民歌については議会からも必要性について質問があり、一体感を出すためにも前向きに検討を進めています。町民に歌詞を募集するなど、参加することで愛着を持てるように工夫したいです。また、3月までには、町のマスコットとなる、いわゆる「ゆるキャラ」を決定したいと考えています。現在は町内外からキャラクターを募集して最終選考している段階です。各イベントなどでPRできるよう、それぞれの特徴が入ったものにできればいいですね。

その他の記事/過去の記事
page-top