【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年号・第4部−ホッケー「オールスティックス」

本紙掲載日:2016-01-01
5面
昨年12月初旬の練習会に参加した子供たち
スティックの扱いを教える早瀬さん

五輪、国体、IH…未来へ−新たな形で競技けん引

 岩田さんは延岡市北方町の出身で、延岡工高時代にホッケーをはじめ大学、社会人と日本トップ級で活躍。日本代表の主将も務め、「フリック」という技を国内で初めて成功させた選手としても知られている。

 国内のホッケー熱は高まりを見せている。日本代表の女子が2004年から3大会連続で五輪に出場。「さくらジャパン」の愛称で今年のリオ五輪でも活躍が期待される。

 一方、1932年のロサンゼルス五輪で銀メダルを獲得した歴史を持つ男子。岩田さんが主力として活躍していた96年、2000年などあと一歩で五輪には届いていないが、20年の東京五輪では男女ともに出場が決まっている。

 また、国内に目を向けると、19年には全国高校総体ホッケー競技が宮崎開催。26年には宮崎国体開催を目指しており、今の小中学生には、たくさんの大きなチャンスが待っている。

◆普及遅れた宮崎で

 岩田さん、その門川高での教え子で代表歴を持つ松本謙人さん(名古屋フラーテル)らを輩出した宮崎だが、競技力、普及は遅れを取っている。

 高校では男女の門川、男子の延岡工、女子の高鍋が奮闘。一般でも経験者が集まり、国体を目指しているが、九州、全国では成績を残せていない。その最大の理由が、ほとんどの選手が高校で初めてホッケーに触れるという環境にあった。

 「少年期から社会人までの一貫した指導体制で、青少年の健全育成や地域・競技の発展に寄与する」
 
 岩田さんは昨春、大きな目標を掲げ準備を進めてきたNPO法人を設立した。

 現在の活動は小学生を対象にした日向、高鍋での週1回の練習会のみ。これを延岡、門川、宮崎でも開催するようにして、少年団や中学生年代のチームを発足。その頂点にトップチームを編成する青写真を描く。

 トップチームは協賛企業を募り、男女ともに国体など全国大会での上位進出を目指す社会人チームとして強化していく方針。また、すべての年代が集うクラブカップ戦の開催を計画している。

 同クラブでは、体育館でもできるホッケーの体験を学校のレクリエーションなどに推奨している。すでに実施した小学校では好評を得て、クラブに入部するきっかけになったという。(馬目晋吾)


◆「一緒に成長したい」−指導する早瀬さん

 指導者の一人、早瀬大河さん(27)=門川町、会社員=は「想像していたよりも飲み込みが早い」と子供たちの吸収力に驚いている。

 自身は延岡工高でホッケーに出合った。現在も宮崎代表として九州国体突破を目指しているが、全国への壁は厚く「高校からでは遅い」と痛感してきた。

 3年前に帰郷し、岩田さんに賛同し、立ち上げから関わった。現在は三交代勤務の合間を縫って指導する。

 「(子供たちは)確実にうまくなってきている。高校での全国制覇を期待しながら、指導者として子供たちと一緒に成長していければ」と話していた。



その他の記事/過去の記事
page-top