【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の文化遺産を知ろう

本紙掲載日:2016-01-07
8面
三福寺本堂入り口の彫り物(北町)
ヴォーリズ設計の洋館。現在は雑貨店「コニファー」となっている(土々呂町)
昨年、土木遺産に認定された畳堤(延岡市中心部の五ケ瀬川両岸)

私たちのまわりには古くて貴重なものがいっぱい

◆17日、こどもモニターツアー・幼児から高校生まで参加者募集−伝統的建造物の保存と活用をする会主催

 延岡市の「伝統的建造物の保存と活用をする会」(松下宏会長)は、17日午前10時から行う「地域の文化遺産こどもモニターツアー」の参加者を募っている。文化庁の平成27年度「文化遺産を活(い)かした地域活性化事業」の一環。

 延岡市東本小路の市民協働まちづくりセンター駐車場に集合し、赤水神社、日高邸、雑貨店「コニファー」、中城家石蔵、三福寺、畳堤、台雲寺、青山眼科医院、粟野名神社、出北神社の順にバスで巡る。昼食は三福寺で精進料理。

 幼児から高校生までが対象で定員40人。参加費は無料だが、昼食代500円は各自負担。小学3年生以下は保護者同伴。4年生以上は1人でも参加できる。

 参加申し込みは同会事務局(ファクス0982・37・8279)まで。申込書に本人と保護者の氏名、本人の年齢、学校名・学年、性別、住所、電話番号(緊急連絡先)、緊急連絡先と参加者の関係を明記する。問い合わせ先も同事務局(電話延岡37・8199)。

 同会は県建築士会延岡支部の会員で結成。身近にある古い建物に建造物としての価値があることを知ってもらおうと活動している。こどもツアーの成果を基に、来年度は「親子まち歩きマップ」を作成する予定。

 見学先の見どころは次の通り。

【赤水神社】(赤水町)創立年不詳。菅原道真公らを祭る。本殿は流破風造。彫物、妻飾り。

【日高邸】(赤水町)明治29年建築。ブリ大敷網を発明した故日高亀市氏の邸宅。入母屋と切妻の混構造の屋根が印象的。

【コニファー】(土々呂町)昭和10年建築。明治から昭和にかけて日本各地で西洋設計を手掛けた建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した。

【中城家石蔵】(下三輪町)昭和15年に建築された石造(凝灰岩)の蔵。

【三福寺】(北町)開山堂は寛政11(1799)年、山門は文政8(1825)年、本堂は天保8(1837)年建築。雲龍の大彫物など装飾が豪華絢爛(けんらん)。

【畳堤】(北町から須崎町までの五ケ瀬川両岸)昭和9年以前に造られた特殊堤防。畳を上から差し込んで堤防をかさ上げする。国内に現存する3カ所のうち最も古く、昨年、土木学会選奨土木遺産に認定された。

【台雲寺】(北小路)山門は文久3(1863)年建築。木造八脚門で、鬼瓦に十六菊の紋章がある。

【青山眼科医院】(博労町)昭和6年建築の洋風医院。延岡大空襲を免れた戦前の医院と邸宅が併存。

【粟野名神社】(粟野名町)弘治3(1557)年創立。建物は明治28(1895)年改築。太玉命(フトダマノミコト)らを祭る。

【出北神社】(出北町)創立年不詳。菅原道真公と大己貴命(オオナムチノミコト)を祭る。本殿は流破風造、外柵あり。

その他の記事/過去の記事
page-top