【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年号・第3部−新延岡駅が見えてきた

本紙掲載日:2016-01-01
3面
延岡駅周辺整備事業完成イメージ
複合施設の内部を表現した模型(昨年9月現在)

イメージは「町のリビング」−市民活動やくつろぎの場

 延岡市のJR延岡駅で、市の同駅周辺整備事業に伴う駅舎の改修工事が始まった。駅舎を囲むように市が建設する複合施設は、公共交通機関の利用者だけでなく、市民がさまざまな企画を行ったり、飲み物を飲んだり、本を読んだりしながら自由にくつろげる場所になる予定だ。延岡駅の将来の姿が見えてきた。(延べ床面積や施設内のレイアウトなどはいずれも予定)

 複合施設は現在設計中。3月末には設計が終わり、正式な完成イメージが発表される。昨年末までに市が示した計画案によると−−

 複合施設は2階建てで、延べ床面積1700平方メートル。閉じた空間にならないように、1、2階とも正面はガラス張り。書架を全体的に多く配置し、市民活動、読書、カフェ、勉強、打ち合わせなどさまざまな目的で利用できるように、また、特に目的がなくても訪れてくつろげるような場所にしたい考え。イメージは「町のリビング」(首藤正治市長)。

 1階には、列車とバス共通の待合所、カフェカウンター、キッチンスペース、キッズスペース。キッズスペースには子ども向けの本を置き、読み聞かせや親子対象の企画などができるようにする。キッチンスペースには調理台や電気こんろを設置し、料理教室や地場産品を使ったイベントなどに使う。また、延岡の食材の情報発信スペースを設ける。

 2階は、音を使うイベントや講演会など50人程度の集まりができるスペースと、フリースペースの二つに大きく分ける。

 駅の施設全体をまたいで幸町と日の出町をつなぐ東西自由通路は、現在より5メートル;北にずらす。通路は屋根付き、ガラス張りで幅4メートル。互いに自転車を押して歩きながら離合できる幅を設ける。昇降口には18人乗りのエレベーターが付く。

 駐車場は駅北の現在の市営駐車場の場所に70台分を、駅前に16台分を設ける。料金体系は協議中。

◆市街地再興のチャンスに

 事業の目的は、駅を新しくすること自体ではなく中心市街地の再興だ。複合施設内やその周辺で行われる市民活動に人が集まり、中心市街地を回遊する人が増えることが期待される。

 しかし、期待して待っているだけでは目的を達成できない。

 NPO法人のべおか市民力市場は、中心市街地で日常的に活動する人を増やすための第一歩として、「ノマドハウス」と名付けた活動拠点を栄町に設けた。あえて未完成の状態で昨年12月23日にオープン。一般に参加を呼び掛けて、壁を塗ったり床を張ったり、棚を作ったりすることから活動を始める。

 地元の商業者たちは昨年、駅周辺に住む人や不動産所有者、関係者を交えて「駅まちミーティング」を開き、課題を洗い出した。「中心市街地の魅力を高めるため、まず飲食部門を強化したい」としている。(奴田原君枝)

◆完成までのスケジュール
2015.12.5新跨線橋と仮駅舎の利用始まる
2016. 1  旧跨線橋解体。新東西自由通路建設へ
2016. 3  複合施設設計完了
2016. 秋  複合施設着工(建設期間約1年半)
2018. 3  新延岡駅完成(予定)

その他の記事/過去の記事
page-top