【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年号・第1部−ユネスコエコパーク

本紙掲載日:2016-01-01
3面
日本の「国蝶」にも指定されているオオムラサキ(宮崎昆虫同好会・小松孝寛さん提供)
県内では高千穂町の五ケ所古言のみに生息するゴマシジミ(宮崎昆虫同好会・小松孝寛さん提供)
食樹のナラガシワが減り、絶滅が心配されるウラジロミドリシジミ(宮崎昆虫同好会・小松孝寛さん提供)
大崩山の山中にかれんな花を咲かせるササユリ(祝子川温泉美人の湯提供)
県固有種のツチビノキ(成迫平五郎さん提供)
延岡市北川町上祝子の民家近くに現れたニホンカモシカの親子(平成11年撮影)
日本列島の成り立ちと深い関わりを示すとされるキレンゲショウマ
九州山地が繁殖の南限とされるホシガラス(祝子川温泉美人の湯提供)
祖母傾山系固有種のソボサンショウウオ(豊後大野市自然史友の会提供)
「無斑型アマゴ」ともいわれるイワメ。九州では竹田市の大野川上流にしか生息しない(竹田市提供)

尖峰と渓谷が育む、まるで「日本の自然史博物館」−希少な動物の宝庫

◆急峻な山岳地形

 標高1300〜1700メートル級の山々が連なる祖母傾山系は、急峻(きゅうしゅん)な山岳地形が特徴。起伏に富んだ岩峰群、浸食された花こう岩や花こう斑岩の渓谷が変化に富んだ美しい景観をつくり出す。

 阿蘇山の巨大噴火活動などによって複雑な地質構造を持ち、日本屈指の鉱物資源の宝庫でもある。中でも日之影町の見立鉱山、延岡市の槙峰鉱山、佐伯市宇目の木浦鉱山などは江戸〜明治時代にかけて銀をはじめ、さまなざまな鉱物の産地として栄えた。

 原生的な自然林が多く残る同山系は、温暖帯に見られるアカガシなどの照葉樹林から冷温帯のブナ林など幅広い植生が特徴。日本列島の成り立ちと深く関わるとされる「襲速紀(そはやき)要素」の植物であるキレンゲショウマ、宮崎県固有種のツチビノキなど環境省のレッドデータブックに掲載された83種類が分布している。
動物では、固有種のソボサンショウウオをはじめ、系統学上重要とされる特別天然記念物のニホンカモシカ、天然記念物のヤマネなどの哺乳類、繁殖の南限とされるホシガラス、ルリビタキなどの鳥類、九州では竹田市の大野川上流にしか生息しない渓流魚イワメなどが確認されている。

 このほか、環境省や宮崎、大分県のレッドデータブックに記載されている絶滅の恐れがある種は410種類にのぼり、希少な動物の生息の場となっている。

◆暮らしとの関わり

 麓の地域は全国有数の木材、シイタケ、シキミの産地。古くから農林業や竹細工などさまざまな産業が脈々と受け継がれている。
こうした山々がもたらす恵みに感謝し、豊作を祈願する祭礼も各地で行われている。国指定重要無形民俗文化財の「高千穂の夜神楽」をはじめ、祭りで奉納される神楽、歌舞伎、獅子舞など民俗芸能の貴重な伝承の場でもある。

 祖母・傾山では、約60年前から山麓の自治体共同の山開きが行われるなど県境を超えた交流が続いている。登山をはじめ、ボルダリング、リバートレッキングなどの山岳スポーツも年々盛んになり、日之影町では森林が持つ癒やしの効果を生かした「森林セラピー基地」の取り組みも行われている。

 エコパークの対象地域一帯では、希少な動植物や生態系を守ろうという動きも活発。高千穂町五カ所高原に生息するゴマシジミの保護活動をはじめ、ホタルの調査や生息地を守る活動などがいずれも住民の手で行われている。(谷口幸司)

その他の記事/過去の記事
page-top