【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

6日から教美展県内3カ所

本紙掲載日:2016-01-05
7面

延岡展は28日〜2月5日

 第38回宮崎県教職員互助会美術展「教美展」が今月から来月にかけて県内3カ所で開かれる。いずれも入場無料。県教職員互助会(理事長・飛田洋県教育長)主催。

 県内の公立学校・教育関係団体に勤務する教職員や退職者、その家族らが制作した絵画、デザイン、書、写真、彫刻、工芸など165点を展示する。

 6〜16日は県立美術館、19〜24日は都城市立美術館、28日〜2月5日は延岡総合文化センター。

 アンケートに答えた来場者を対象に、抽選で教美展企画・実行委員の色紙などをプレゼントする。

 同互助会は「恩師の作品がないか探してみたりするのも教美展の楽しみ方の一つ」と来場を呼び掛けている。

 延岡展は午前10時から午後6時(最終日は同1時)まで。2月2日は休館。問い合わせは同互助会(電話0985・29・1242)。

◆30日にギャラリートーク

 画家で県美術協会会長の山本祐嗣さんによるギャラリートークが30日午後2時から延岡総合文化センターで行われる。無料。誰でも参加できる。

 山本さんは1958年宮崎市生まれ。書道を父の昇石、水彩油彩を戸高秀夫氏に学ぶ。20代で渡米。帰国後に多くの作品を制作している。95年第2回パリ平和芸術祭大賞、99年講談社アートコンテスト大賞など受賞。現在、日本美術家連盟会員、InternationalAssociationofArt会員。

◆県北関係の出品者
【絵画・デザイン】
▽延岡市=八木隆幸、小池宏、坂本カナ、猪野静子
▽日向市=藤本恵三、江川洋子
▽美郷町=椎俊一

[県外公募展入選作品]
▽岩村冨美(延岡市)=第67回春の院展「機関庫」
▽後藤光雄(同)=第103回日本水彩展「サイバー攻撃」

【書】
▽延岡市=福田然滴(開造)、木佐貫弘志
▽日向市=石川翠峰(統洋)
▽五ケ瀬町=本田蘇望(淳也)

【写真】
▽延岡市=盡秋子、持原弘和、阪本暁
▽日向市=甲斐祺郎、黒木男、利光淳

【工芸】
▽延岡市=佐藤浩栄

【趣味と生活】
▽延岡市=大町さやか、室屋悦子

その他の記事/過去の記事
page-top