【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

小説集「川の匂い」を出版

本紙掲載日:2015-11-26
3面
「川の匂い」
河合愀三さん

河合愀三さん・7本の短編を収録−延岡

 延岡市の河合愀三さんの小説集「川の匂い」が10月、鳥影社(長野県諏訪市)から出版された。全255ページで未発表を含む七つの短編で構成されている。

 河合さんは、本名佐藤愁生さん(60)=小学校教諭=。延岡高校を卒業後、大学進学で上京し、作家を志した。その後、教諭になり、忙しい生活を送りつつも「このまま終わるのもしゃくだな」と書いた作品「後ろ姿」が、芥川賞作家などを輩出した九州芸術祭文学賞の平成15年度第34回地区優秀作を受賞した。その後、第38、39回の同賞のほか、平成19年に第10回みやざき文学賞の小説部門1席を受賞している。

 収録作品のうち、「ファンタジア」は、みやざき文学賞受賞作を、改題、改稿した作品。かつて20年間東京で働いていた老婆の東京での思い出や現在暮らす都城での孫との会話を中心に物語は繰り広げられる。物語の老婆のような存在を書きたいと思いつつ「書けると思うまで30年ぐらいかかった」という。

 本を出版するのは初めて。東京へ行く時に死ぬまでに1冊ぐらい本が出せる作家になりたいと思っていたそうで、「ずいぶん時間がかかったけれど、その思いを捨てなくて良かった。自分がコツコツ書いてきたものを形にすることができたという安堵感が強いですね」と話した。

 「何よりも執筆を後押ししてくれた妻と娘に感謝したい」と河合さん。「とにかく言葉を吟味して丁寧に書きこんできたつもりです。もし機会があれば読んでいただけるとうれしいです」と話している。

 本は1500円(税別)。書店で取り寄せるか鳥影社(電話0266・53・2903、www.choeisha.com)へ問い合わせる。

その他の記事/過去の記事
page-top